夏が終わります


8月25日に新学期が始まってすぐ 葛飾ではインフルエンザの流行が拡大し
隣のH小が学級閉鎖になり その翌日には隣のクラスが学級閉鎖に。

もし うちのクラスが学級閉鎖になったら当分外出禁止です。


トリビュート 行けるかな・・・。


そんな時 アジアンキッズショー開催のお知らせが。


学級閉鎖にならないうちに 行っちゃおうか!?
でも 往復の道中や ショーの会場で感染する可能性もあるし・・・

ええい、かかったときは そのとき! 

と 急遽 行くことにしました。
学校にお迎えに行くと クラス全員マスクで授業を受けていました。

早退するのは気が引けたけど この時期ですから不自然じゃありません。


「アジアン」の日程は学校が始まっているので元々無理でしたが
のすけは横浜のインターナショナルキッズプログラムに参加予定でした。

通知表でも「分かっていても挙手しない」と毎年書かれます。
消極的で大人しく 新しいこと、知らないことには及び腰。

ヤングアメリカンズも 最初に参加させるまでは大変でした。

今年ですら友達がいない会場は嫌だとずっと言っていたのに
突然「横浜のインターナショナルプログラムに出てみたい・・・」
と 言い出しました。

誰も知り合いがいなくても参加してみたい。
小5から参加できるならやってみたい。
ホームステイがなくてもかまわない。
通訳がつかなくても大丈夫。
外国人の子供たちとお友達になりたい!

これは、「あの」のすけ的には画期的な出来事です。


母は「こうなったら全面的に協力するわよ!」と
張り切ってホテルまで予約して臨んだ横浜。


なのに今回のキャンセル・・・。



だからこそ「アジアンのショーが見たい!」と珍しく主張しました。

会場には 同じような境遇のお仲間が来ていました。
ショーの最中 席でゆらゆら踊る子供たちの後姿を見て
ああ、不完全燃焼が少しでも解消されて良かったなぁと思いました。

そして 無事にトリビュートにも行って来る事が出来ました。
ずっとボランティアだったので家族揃って鑑賞出来たのは初めて。

終了後ちゃんと「アリガト」と「サヨナラ」が言えて本当によかったです。

昨年までは「今生の別れ」のように号泣していたのですが
この夏、スカイプで4年前のYAとテレビ電話が出来て
ああ、ずっと繋がっているんだなぁと嬉しくなり

むしろ この苦境をよく乗り切ったと
事務局の苦労をたたえたい気分になりました。

横の結束が固くなった2009年の夏が終わります。




昨日は ブロードウェイミュージカル「コーラスライン」の千秋楽
に 行って来ました。 
(葛飾のWPで やっぱりアレをやればよかったな 笑)


色んな感動と勇気をもらった分 ふんどし締めなおして 頑張ります!
[PR]
by ShinobuYuhara | 2009-08-31 11:23 | 人として | Comments(0)
<< はちきれそうなの ご利用は計画的に >>