思い込み


よっちゃんの影響で ラジオ体操を始めて半年目に入りました。

毎朝 6:30から 半分 寝ぼけたまま身体を動かすのはしんどいけど
終わる頃にはスッキリして 軽快に一日がスタートできます。

途中から 教育テレビの「みんなの体操」に切り替えました。

最初こそ、昭和臭漂うレオタードに気を取られて 笑っていましたが
お手本をよくよく見ると 今までやっていた体操と全然違う!!!

ずっと、全体のイメージで身体を動かしていたのが分かりました。

あんなふうに 踵を上げ下げしてたんだ!
げー、膝は こんなに開くんだ!?

手の平、顔の向きは
こんなだったの?

あんなにゆっくりで楽勝だと思っていたラジオ体操なのに
細部に注意を払うと とてもついていけないほど
スピートが速く感じます。

そして 終わる頃にはゼイゼイ、ハァハァ。

自分では なかなか上手いほうだと思っていたけど
ずっと「思い込み」でやっていたんだなぁ。


英語の発音も 同じだなぁ。


Mayukaさんの発音道場に通うようになって
いかに 今まで雰囲気でしゃべっていたのか痛感しました。
モノマネして なんとなく英語が上手いつもりになっていました。

「思い込み」って恐ろしい。

単音から徹底的にやり直すと 1つの文すら 口があわわ。
フレーズになった日にゃ せっかく直した部分がボロボロ抜け落ちて。

自己を客観視できればいいのですが これがなかなか。

「これでいいのだ」と思っていた自分の間違いを認めて
矯正するのが いかに大変か。


それには


テレビ体操作戦(お手本を忠実に再現する)が
よいのではないかしらん。

師匠のお手本を徹底的にシャドウィング。
(後について言うのでもいいです)

それを第三者に聞いてもらう。
もしくは 録音して聞き比べる。


恐怖の「思い込み」から抜け出す日は近いかも!?


そもそも 息がちゃんと出来ていないと ですが
「息がなくなるまで吐き切る」を意識して
毎日 練習したいと思います。


お風呂の中、トイレ、空いてる電車の中、信号待ち などのスキマ時間。
私はPCを立ち上げる時間にやってます。
(古いPCは起動するまで時間がかかるのだ)

今の私は 
 
 理論と実技で やっと取った「操縦士免許」初心者マーク状態。
  まだ「コーパイ(副操縦士)」です。
 シミュレーターでしか飛んだことがない。

 「パイロット」(操縦士)になって
 色んな天候の空を飛んで
 経験を積んで
 
 かなりの飛行時間を経て
 初めて「指導教官」になれるのかなと思います。

 お客様に 安心してジャンボジェットに乗ってもらえるよう
 精進あるのみ。

 なんて クサーイ頑張る宣言してみたりして。


同志のみんな、「お手本」の音が出せるように頑張ろー!
[PR]
by ShinobuYuhara | 2009-10-24 08:19 | 人として | Comments(0)
<< なるほど! 信頼関係 >>