嘘やごまかし



我が子が動揺しないように日常的に嘘をつくお母さんがいます。

かわいい我が子のためを思っての嘘なんだけど 

かならずバレています。




その度に信頼関係の糸がぷつっと切れて

それを修復するのが段々困難になってきました。




1度切れた糸は結び直しは出来ても元通りにはなりません。

その子は母親の全ての言動を疑うようになりました。

メールを盗み読みしては母親を試します。



そこでまた母は嘘をつき、

さらに信頼関係は崩れていきます。



このお母さん、事の重大さにどれだけ気づいているのでしょうか?



我が子を傷つけないための嘘が、バレたときにつく傷が

どれだけ深いかを・・・。



嘘をつくなら 最後までバレてはいけません。



嘘も方便という稀なケースもありますが

例えば、
1・(失敗しちゃった○○をフォローするという意味での嘘)
2・(相手を喜ばせるための内緒のサプライズ)
3・(ザリガニを伊勢海老だよと教えたがばいばあちゃん)



基本的に嘘やごまかしは いけないんじゃないかなぁ。

我が子には特に 誠実でありたいです。




子供って大人が思っているよりずっと勘が鋭いから。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-05-10 12:56 | 人として | Comments(0)
<< 天国の自分から ねかしつけ >>