くじゃく玉

f0089225_10113449.jpg


数日前、池袋の東武百貨店9階の職人さんコーナーで
(伝統工芸品の職人芸を見るのが好きなんです)


【私は紙でできています】



という不思議なPOPを見つけ、つい立ち止まって 
石にしか見えない その製品を眺めていたら

職人のおじさんが解説を始めました。


「くじゃく玉」 というその作品は


そのおじさん(職人さん)が発明した製法で
特許もあり、日本で その人しか作れないそうです。

土佐和紙を好きな色に自分で染めて
複数枚の和紙を重ね、巻物のようにして ←おじさんの写真の手前に注目
糊で固め(固めると元の木の棒のようになります)
乾燥させ、切って研磨するそうです。

コーティング加工などは一切していないのに
つやつやで硬くなります。紙なので驚くほど軽いです。

そして、二つと同じ模様は作れないそうです。
水に濡れても大丈夫なんだって。

その硬さと軽さ、発色の美しさと、着け心地の良さに惚れて
おじさんの説明に聞き入ってしまいました。


「内甲丸が出来るなんて一流ブランドの宝飾加工の職人技ですね。」
と褒めると



・・・あんた、素人じゃねぇな?



と言われたので 


宝飾業界に10年勤めていたことをカミングアウト。



「なんだよ~、一生懸命説明して損しちゃったよ(汗)」と脱力。

「でも そこまで分かってくれたお客さんに初めて会った!」


と(どこまで本当か分からないけど)嬉しそう。


~高知県安芸市~ って書いてあったので
「Oさんって知ってますか?」

と思わず安芸市出身の男友達の名前を出すと
なんとお知り合いでした!!!


「ええええ? なんで?」と おじさんもびっくりしていました。


そのOくんは私に主人を引き会わせてくれたキューピットなんです。
彼がいなかったら のすけは生まれていません。

f0089225_104717100.jpg

不思議なご縁を感じて 指輪を5本 買いました。
(5本に絞るのが難しいぐらいバリエーションがあって迷いました。)

f0089225_10473723.jpg

話が盛り上がり過ぎて本来の待ち合わせに遅れちゃいましたが
Aちゃんに説明すると興味を示してくれたので
またおじさんの元へ(笑)


Aちゃんもすっかり気に入ってお買い上げ♪



7/22から また池袋東武百貨店に出展するそうです。



くじゃく玉↓(この人のブログは写真が綺麗です)
http://kittenkick.blog70.fc2.com/blog-entry-360.html



なんと こんなに手のこんだ指輪が 一本 千円ですよ!!!
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-06-26 10:11 | 女性として | Comments(0)
<< 謎が解けた! 待ち人来る >>