回転しない回転寿司



先週の話。


夜9時半過ぎに「回転寿司が食べたい」とパパと息子が言い出して
しぶしぶ お付き合いした時のこと。


10時閉店だから お片付けモードに入ってる。


お客さんは誰もいないし、
「回転」してない。


「いいですよ、どうぞどうぞ~♪」


と言われて カウンターへ。


寿司職人さん達もヒマだから しゃべるしゃべる。
もうすぐ仕事も終わるからテンション高い。


目の前で勝手にショートコントをしてくれている。


回転レーンのスイッチを切ってしまったため
注文して握ってもらうので美味しい。


「美味しいねぇ」「美味しいねぇ」と
言いながら食べていたら


「・・・これ、作っちゃって余っちゃったんだけど食べる?」


と 押し寿司が出てきた。


「食べる食べる!」
「うまいっ!」
「来て良かったねぇ。」


と大喜びしていたら


「もっとあるけど 食べる?」


どんどこ出てくる。


「うわぁ。嬉しい!」
「幸せ~」

って食べてたら


「・・・デザート食べる?」


って デザートまで!!



それを3人で競うように食べてたら 同情されたのか?



「あはは。もっとあげるから!」と



さらに 追加デザートが登場!



満腹~。



「お勘定お願いします」と言うと



一人の職人さんがお皿の数を数えに来た。



「いま コイツに話しかけて! 間違えるから。くっくっく・・・」と



もう一人の職人さん。



陽気な回転寿司。



「これ食べる?」は全てサービスだった!!!



また来よう!
(閉店直前に 笑)




-------

ついに


テレビ画面に「生活保護を受けている方へ」という
テロップが流れるようになっちゃったよ。



どうしよう ブラウン管テレビ。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2011-06-10 12:41 | 人として | Comments(2)
Commented by μ at 2011-06-10 18:27 x
また楽しいことを引き寄せたのですねwww
懸賞に応募したらテレビ当たったりして → 引き寄せの法則
Commented by ShinobuYuhara at 2011-06-11 09:10
μちゃん  ははは。テレビ当たったらすごいよね。このままでは最後の瞬間「砂嵐」を見届けてからになりそうな予感デス。
<< 嬉しい! 土いじり >>