無財の七施




地位や財産がなくても、誰もがいつでも容易にできる布施の行
それが「無財の七施」だそうです。


1 眼 施 がんせ      

慈眼施ともいい、慈しみに満ちた優しいまなざしで
すべてに接することをいいます。
温かい心は、自らの目を通して相手に伝わるのです。


2 和顔施 わげんせ     

いつもなごやかで穏やかな顔つきで人や物に接する行為です。
喜びを素直に顔の表情にあらわしましょう。


3 愛語施 あいごせ  

文字通り優しい言葉、思いやりのある態度で言葉を交わす行ないを
いいます。


4 身 施 しんせ     

自分の身体で奉仕をすること。 身体で示すことをさし
自ら進んで他のために尽くす気持ちが大切です。


5 心 施 しんせ      

他のために心をくばり、心底から共に喜び共に悲しむことができ
他の痛みや苦しみを自らのものとして感じ取れる心持ち。


6 牀座施 しょうざせ    

たとえば自分が疲れていても電車の中で喜んで席を譲る行為。
また競争相手にさえも自分の地位を譲って悔いなく過ごせること。


7 房舎施 ぼうしゃせ    

風や雨露をしのぐ所を与えること。自分が半身濡れながらも、
相手に雨がかからないように傘を差し掛ける思いやりの行為など。


どれをとっても人に対する思いやり、
優しさに溢れた言葉です。



立石仲見世の雑貨屋さんに貼ってありました。

良いお年をお迎え下さい。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2011-12-31 02:37 | 人として | Comments(0)
<< お見逃しなく! 恒例の振り返り >>