能力開発的工作



幼児さんがサークルで作った工作を 
園児クラス 小学生クラスでも発展させることがあります。


今回の「おならロケット」


「よく見ててね!」と 一度だけ ポン! 発射させてみます。

   ↑
私が「よく見ててね」「よく聞いてね」と言う時は
【一度しかやらない】と分かっているので シンとなります。


ぱっと隠して


「さぁ、今の工作に必要な材料は何でしょうか?」と 聞くと


「トイレットペーパーの芯!」

「おりがみ!」

「紙コップ!」

「ハサミ!」」

etc.


子ども達は 口々に思いつく限りのことを言います。


出た道具や材料を次々と机の上に並べて


「では どうぞ!」と 記憶を頼りに製作してもらいます。


「【もう見ないとだめだ】と思う人には見せてあげる~」 
と誘惑しても、プライドがあるので簡単には降参しません。


全員がギブアップしたら 今度はサンプルを研究しながら作ります。

f0089225_1038218.jpg


それでも指示がないと作れない子が多いです。(自分で考えろ~!)


理屈ばかりこねて なかなか手作業が追いつかない子。
あまり考えず、直感で作れちゃう子。
オリジナルに発展させる子。
失敗しながら学習する子。

f0089225_10374628.jpg


普段のレッスンとは違う才能が出てきます。


「こういうの ぱっと作れないと 災害時に生き残れないよ~」
なんて 脅かしてみたりして。


そして、ビニール袋を膨らませるのが全員できなかった!

f0089225_10385533.jpg


息を吐いてまた吸ってしまうので膨らまない!
(シンナーやってる不良か!)


逆に 幼児さんのほうが上手です。




誰が遠くに飛ばせるか。

誰かが飛ばしたのをキャッチできるか。



そんな遊びをしました。



どんな工作でも出来るけど「動き」があるもののほうが 難しいみたいです。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2012-11-23 10:39 | 人として | Comments(0)
<< 風に揺れる木々 今日のサークル おならロケット >>