自分の身体が欲する香り



生徒さん(5歳児)が、鼻ぐずぐず喉イガイガで調子悪そうだったので

「今からHくんが元気になるアロマを焚こう。
Hくんがいいなーって思った香りを選んでみて!」

と チョイスは本人にゆだねて精油BOXの中から選んでもらったら、
ちゃんと呼吸器系に働きかける精油をピックアップしていました。

それをディフューザーでガンガン焚いた部屋の中でのレッスン。

帰る頃には鼻水も止まり、すっかり元気になって
マスクもメガネもいらないって外しちゃった。


元気すぎる子が選ぶ精油は「静かに瞑想できる香り」
落ち着いて勉強できるようになります。


自分で選んだ=暗示をかける


みたいなところもあるのかもしれませんが。


幼児でも、自分の身体が必要とする精油が分かるんです。


五感のうちで、もっとも大脳に直結している嗅覚。
精油の効果は奥深くて、不思議で、あなどれません。



ローション リピーターの皆さま

美白とか、しみ・しわ・老化肌予防とかの効能に惑わされずに(笑)
(コレ好き♪)という感覚だけで選んでみてくださいね。

前回大好きだった香りが、2ヵ月後には別のものに
惹かれている自分自身に驚かれると思います。


魔法のローションたる所以です。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2013-03-08 13:00 | 人として | Comments(0)
<< TED中学生版 桜吹雪のクラッカー! >>