深夜の治療院


昨夜、レッスンが終わって遅い夕食を摂っていたら

「グギッ」という音とともに口の中に違和感が!


なんと、治療中の仮歯がぽろっと取れてしまいました。

危うく飲み込むところでした。



前歯が一本ないだけで なんとも情けない顔!



慌てて歯科に電話するも、診療終了時間をはるかに過ぎているので

もちろん応答なし。


翌日は、出張アロマで早朝に家を出るので

歯科に寄る時間はないし、しかも人前に立って話をするのに

この口元はありえない・・・。



(セメダインとかボンドでくっつけちゃおうかな・・・)



フッと 


飲み屋街に深夜までやっている怪しげな歯科の看板があったことを

思い出し、とにもかくにも自転車を飛ばしていきなり訪ねました。



ギイっと扉を開けると お客さんは1人もいない、その治療院

中は意外なほど明るくて、受付の女性はとても親切で

いろんな意味で動揺していた気持ちが少し落ち着きました。



しばらくして 濃い紫色の白衣?を着たガタイのいい先生が現れて

ちゃっちゃっちゃと仮歯をくっつけてくれました。


目力はあるし、どうみても「親分」という風情なのですが

凄みがありつつも、とても優しかったです。



今日は ニッコリ笑って講義が出来そうです。

ああ、良かった♪



感謝。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2013-11-28 06:08 | 人として | Comments(0)
<< 聖地に出張 Mちゃんが来た♪ >>