ハイドロドルマイスタープロ上級講座



春から学んでいるハイドロゾルですが、
この度マイスターの認定をいただき、
さらに学びを深める上級講座を
みっちり2日間受講しました。

初日

1・藤田弁護士による「講師のための法律講座」

旧薬事法(医薬品、医療機器等の品質、有効性および安全性の
確保等に関する法律)
に基づき、利益関係なく、
【特定の商品名を出すこと】
【ブログでリンクを貼ること】は
違法であること。

などをはじめ、
気をつけなければいけない点をしっかり学びました。
  

2・東京大学のレイラ先生による「イランのハイドロゾル」

飲む、食べる、かける、つける、清める。 
イランの人達の日々に欠かせないハイドロゾル。

イランではハイドロゾルを入れない料理がないほど
人々の生活に密着しているもの
と聞いてびっくり。

そして実際に 
レイラ先生お手製のハイドロゾル入りスイーツをいただきました。



3・クリニックの武内先生による
「ヘルスケア・介護で活かせるハイドロゾル」

職場だけでなく、ご自宅で五年間介護をされていた
武内先生の臨床報告は
説得力があり、
これから最も必要になる分野であることを
ひしひしと感じました。

精油では強すぎる患者さんには
ハイドロゾルの優しさが助けになることでしょう。
介護する側にもふんわりと癒しになることでしょう。

4・向後先生による「知っておきたい原料の知識」

お庭で採れるものを何でもハイドロゾルにしていいわけではないということ。
  中には病気を引き起こすとても危険なものもあるということ。
  部位や熟成度合いによっても違うということ。
  意外なものがNGなんです。

 
2日目

抗菌実験 (ハイドロゾルの抗菌力について)

真菌・細菌・ウィルスについてなど 化学・生物学的な部分
朝イチから全力で飛ばす河内先生の講義に
ついていこうとみんな必死です。

手袋をして、シャーレの培地を使っての実験は、
ペニシリンを抽出する仁友堂の医師な気分でした。

食品衛生責任者について

蒸留トレーニング

スーパーで買ってきた食材の農薬除去の仕方の復習
蒸留の仕方の復習

テクニック蒸留
香りの比較

ざっと書くとこんな感じですが、レジメもたっぷりで
2日間で落とし込むには 消化不良になりそうな
濃い内容でした。

それでも まだまだほんの入り口に立ったばかり。

アロマオイルNGのペットや乳幼児、妊婦さんや
お年寄り、病気の人のために使えるアロマ♪

と思って学び始めた「ハイドロゾル」ですが

皆さまに お伝えできるようになるまでは
もうしばらくかかりそうです。


f0089225_14173545.jpg
f0089225_14175808.jpg
f0089225_14182509.jpg

[PR]
by ShinobuYuhara | 2015-07-13 14:16 | 人として | Comments(0)
<< オンエア カメラ、カメラ そして変顔 >>