クッキング

【ウラ話 その7】Cooking 逆ドッキリ?

今回、大人と先生とその家族分のランチを学校で作りました。
(ホームステイの人はホストファミリーからのお弁当です)

スーパーマーケットは旅行者にとって、楽しい場所ですが
私は海外に住んだことがないので、暮らしてる人目線で
スーパーで買出しすることがとても新鮮でした。

バイオダイナミックファームの材料を使って、しかも
料理のプロのNaokoさんのお手伝いが出来て幸せでした。

また、

初日のポットラックパーティでのホストファミリーの手料理
や、オフの日に行ったMikaさんちでの手料理など、
イギリスで食べた家庭料理は
どれもヘルシーで美味しく、
作ってみたくなるレシピばかり。


さて、本題。



授業の一環である クックアウトの日
子ども達がランチを作りました。

ギャーギャー騒ぎながら丸鶏を解体して作った
チキンスープは絶品でした。

そして、おにぎり!

1つだけ【ジャム入り激甘しょっぱいやつ】を混ぜて作り
「大人たちに食べさせよう」と悪だくみしていたBOYS。

わたし「あとはラップして運んでおくから遊んでおいで~!」
みんな「わーい♪」

そして誰もいなくなったら、【当たりおにぎり】の場所を
こっそり入れ替えておきました。(ケケケ・・・)

「いただきま~す!」

勘のいい女子は、おにぎりの位置が微妙に変わっているのに
気づき、手を出しません。

そして結局、作った本人がそれを食べる羽目に・・・。

ツメが甘いぜよ!

あまりのまずさに泣いている写真と
後ろで爆笑している仲間の写真をお楽しみ下さい。
f0089225_10501558.jpg
f0089225_10503580.jpg

[PR]
by ShinobuYuhara | 2015-08-31 10:49 | 人として | Comments(0)
<< Naokoさん マサージ >>