波紋音

ついに
f0089225_23055334.jpg



----------------------------------------------


この不思議な鉄製の打楽器・波紋音(はもん)は、古くからあるものではなく、

現代の彫刻家、斉藤鉄平さんが水琴窟の音に触発され、創作したものです。

鉄を鍛金で丸くし、打面に溶断でスリットが入れられていますので、

一つの波紋音からいくつもの音が出る仕掛けになっています。

ごくシンプルな構造でありながら、見た目の印象とは違い、

驚くほど様々な音の表情を見せてくれます。

そして、演奏者の永田さんは、1997年にこの作品と出合い、

それまで携わってきた多くの楽器をやめ、波紋音だけを演奏することにより、

独自の豊かな世界を拡げていきます。

楽器の大きさ、スリットの入り方などによる響きの違いや、

音の高低、バチのことなど、解説を加えながら、

演奏を楽しんでいただきます。特定の音階に調律されていない波紋音。

鉄とは思えない独特の柔らかい響きや波動。

波紋音HPより抜粋

-------------------------------------------------------
 
初めてこの楽器に触れたとき、猛烈に惹かれて
(欲しい!)って思いました。

半年待ちと言われていた【波紋音】

「本日2つだけ入荷しました」
と連絡をいただき音を聞き比べて
(ひとつひとつ手作りなので音が違います)
入手しました。 

嬉しいな。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2015-11-07 23:05 | 人として | Comments(0)
<< ホンモノ 全国大会 >>