プロフェッショナル


週末のYAの説明会&ボランティアミーティング。

今回、初めて葛飾のボランティアに参加してくださる方もいらして
顔合わせも兼ねてたのですが、

その中のお一人から
「しんちゃんママ?」って声をかけられて

(誰だっけ? 誰だっけ? 誰だっけ?)

思いっきり動揺が顔に出ていたらしく

「〇〇保育園の~。」と言われて思い出した

年少から年中までお世話になった
副担任の先生でした。

結婚されてH先生になっていたのでした。

「旧姓なんでしたっけ?」と失礼を承知で聞いたら
「Mです~」と言われて完全に記憶を取り戻しました。

当時、20代で独身だったM先生が中学生のママになって
うちのリーダーと同じ中学の保護者として
YAのボラ仲間として再会するとは!

しんのすけ3歳から。
おむつ交換、トイレトレーニング゙も
お世話になりました。

あれから16年。

何百人の子どもたち&保護者達とかかわってきたのに
すぐにフルネームが出てくるなんてホントプロ。


名前が覚えられない私は感動しました。


そして翌日、葛飾区の剣道の大会会場で
なんとパパがM先生に遭遇。

私に話を聞いたばかりの「昨日の今日」だったので

パパからM先生に声を掛けて
今度はM先生が飛び上がったそうです。



パパずるい~。








[PR]
by ShinobuYuhara | 2017-07-18 21:20 | 人として | Comments(0)
<< 母きたる 苦肉の策 >>