無視されるということ


またまた アートセラピーの授業の話です。

二人ペアになって下さい。
片方が3分間、何でもいいので相手に向かって話をして下さい。
もう片方は、目を逸らし、3分間無視し続けてください。
相手の話に決して反応しないで下さい。

話をする人は 必死になって関心を惹く努力をして下さい。
力づくで「こっち向け」と肩をつかんだりするのはナシ。
無視されても ひたすら話を続けてください。

よーい スタート!

私は 最初に 「話をする人」になりました。
3分間・・・長かった・・・。
あらゆる努力で働きかけても 無視され続けるのが 
どんなにつらかったことか。

だんだん 腹が立ってきて

次に 悔しくて涙が出てきました。

最後は 【絶望】 という文字が頭に浮かびました。


「はい!終わり!」 という先生の声で我に返って
「いまの気持ちをクレヨンで表現して下さい」と言われたら

私はとても明るい色を使う気になれず 
黒と紺で延々と続くドアの絵を描きました。 
見回すと全員 暗い色で描くものは重い絵ばかりでした。

「いかがでしたか?」と感想を求められ

「冗談抜きで 死にたくなった」と言った人が数名。


いいですか。 それが いじめられっこの気持ちです。
「ねぇねぇお母さん」と話しかけても「ちょっと待ってて」
とか、「うるさいわね、あっち行ってて」とか
振り向いてもらえない子供の気持ちです。

子供が話しかけているのに 携帯メールに夢中になっていませんか?
パソコンの手を止めて 子供の顔を見て話を聞いていますか?

たった3分で こんなに つらいのに
日常的に このようなことを繰り返されたら
ただでさえ脆い子供の心は粉々に打ち砕かれてしまいます。


それでは 今度は 相手の目を見て うなづいて話を
聞いてあげてください。

3分後
「はい。終わり」

ええ? もう? と びっくりするほど あっという間でした。

今度は ピンクやオレンジの丸みを帯びた絵を描きたくなりました。
とても 満ち足りた幸せな気分でした。


意識して「無視をする」という立場もつらかったです。
いじめっ子の言いなりになって 一緒にいじめる側に回る
子供の気持ちを味わうことができました。


こんな有効なアクティビティ 小学校でもやればいいのに。


アートセラピーは深いです。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2006-11-12 00:36 | 人として | Comments(2)
Commented by Miki(千葉) at 2006-11-13 15:07 x
本当にお久しぶりでした!
あたくしのOLの香り(?)で あのMikiとはお分かりにならなかったのですね! ほほほほ~。 
今日はおとなしく、おとなしく、おとなしくしておこう・・・・。 と参加しました。 また ちょっとまだ気持ちの整理が らしくなく ついておらず
現場の顔になりきれていないのですね きっと・・・・。
うふふふ これから 怪しいにせ外国人にだんだん戻っていきます!
これからもよろしくお願いいたします。


Miki(千葉)
Commented by ShinobuYuhara at 2006-11-13 15:40
Mikiさん、 今日は思いがけず 再会できて嬉しかったです!
OLのオーラが強すぎて 気づかなくてすみません。

また ゆっくり チャイルドマインダーのことなど
お話きかせてくださいね、 先輩!!

お嬢さんのMちゃんによろしくお伝え下さいませ。
ブログに初書き込み ありがとうございました。
<< むきゃー! 11月のレッスン >>