40歳


日曜日は 保育園の高田先生の七回忌のお墓参りでした。

前日に整形外科に行ったら 広い霊園を歩くのは× と
言われたので 参加は自粛し 自宅でお祈りしていました。

入園当初から ずっと担任で可愛がってもらいました。
いつでも優しい笑顔の高田先生が大好きでした。

プール開き、七夕行事も終わり、のすけのお誕生会も終わり
いよいよ夏本番!というときに 突然の訃報。


きのう 元気にお話していたのに どうして?


夜「頭痛がする」と言って寝て そのまま亡くなったそうです。


40歳でした。


通夜の席には 現像したばかりの集合写真が飾られました。
つい数日前の 七夕まつり と プール開きのときの。
園児も高田先生も元気いっぱいの笑顔で。


参列した園児たちは訳が分からず 棺に向かって
「たかだしぇんしぇい ねんねしてるの?」
「しぇんしぇい ばいばーい」
無邪気にはしゃいで それが さらに涙を誘いました。


お通夜、告別式の会場は 船堀。 
初めて船堀 という場所を知りました。

のすけと同い年のお子さんを遺して 
さぞや無念だったことでしょう。


7月が来るたびに思い出します。


そして 頭痛持ちの私は、頭痛に襲われるたびに
このまま死ぬかも と思ってしまいます。

いつ人生が終わっても悔いのないように生きたいものです。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2007-07-09 09:38 | 人として | Comments(0)
<< 朝茶は 一日の難のがれ カンゲキ その2 (YAJ) >>