気持ちの整理



-------------


主人の勤める会社の人が我が子を助けようとして滝つぼで亡くなりました。
お子さんは助かりました。
 
残された子供3人を抱えて 途方にくれる奥さんのために 
社内で募金が始まり あっという間に全国の社員から 数百万が集まりました。
昨日 奥さんから お手紙をいただきました。
涙なしでは読めない、でも 非常にしっかりとした文章でした。


-------------


先週、元同僚Iちゃんから Kちゃんの訃報を聞きました。

お互い会社を辞めてからも ずっと年賀状のやりとりは続いていました。
「遊びにきてね!」「新宿あたりでランチしましょう♪」なんて 
笑顔の家族写真の脇には いつも ひとこと添えられていました。


あれ~ 今年は 年賀状が来ないな~ 喪中かな~ なんて思いつつ


忙しさに紛れていたら その時は 既に入院していたそうです。
余命3ヶ月と宣告されてから1年も生きたそうです。

私より ずっと若いのに。 
ひとり娘のN子ちゃんは まだ小さいのに。
いつも穏やかで優しい微笑を絶やさないKちゃん。
最後の1年間は どんなに つらかったことでしょう。



ごめんね、ごめんね。



今週末 四十九日 そして納骨だそうです。



--------------


9月30日 運動会当日に
保育園の卒園アルバムの背景画を描いてくれたJさんが亡くなりました。
のすけが 学童のおまつりで遊んでもらったばかりでした。
「かなしすぎるから行きたくない」というので
告別式は 私ひとりで 行ってきました。


--------------


9月から10月にかけて 悲しすぎるお別れが 続いています。
でも 無理矢理 テンションをあげています。

日記には あまり暗い話は 書かないようにしているのですが
どうにもつらくって 実は 何をしていても 心から楽しめないので
ここに 記すことにしました。
 

 
最後まで 読んで下さり ありがとうございました。



今度 ランチに行きましょう!
[PR]
by ShinobuYuhara | 2007-10-25 12:42 | 人として | Comments(0)
<< オーラの強い人 サークル ハロウィン 4連発 >>