Be-Kidz!


有難いことに 今回 4つの Peter Pan を観る事ができました。
どのチーム それぞれ違う魅力にあふれて素晴らしかったです。
なんて 言葉にすると陳腐だけど 

今年のテーマは 特に奥深かったんです。


【過去の自分を振り返る。】


ワークは まるで カウンセリングを受けているみたいでした。
(来た来た来た!)と スペシャルワークが始まると 
分かっているのに 始まる前から 涙がどわー。


感情の穴を全開にして臨むと 最初から ぐっときます。


ピーターパンの世界の登場人物は 全員子供っぽい。
中でも 特に脳みそがちっちゃくて 単細胞なティンカーベル。

笑ったと思ったら ブチ切れまくり 怒ったと思ったら
泣いて見たり やきもち焼きで いじわるで 案外お人よし。

ティンクを思い切り演じることで 自分でも気付いていなかった
過去のトラウマを開放することが出来たような気がします。

終わった後の爽快感といったら 今までの比ではありませんでした。

長女として 小さい頃から我慢を強いられてきて 
感情を抑えるクセのついたまま大人になった私には
必要な役だったのかな。


母として 
先生として


子供の気持ちを分からずして 何ができよう?


仕事でも 「こどもに添う」と いうことでボスと熱く語ったし
サクラメントでも「こどもにかえって」授業を受けました。

サンフランシスコの ホストファミリーの前では
すっかり「子供にもどっちゃった」し。


この夏のテーマは一貫して 


Be-Kidz!


あ、うちのサークルの名前じゃないか!
[PR]
by ShinobuYuhara | 2008-08-27 10:07 | 人として | Comments(0)
<< 大好きな魔法使い 2学期スタート! >>