カテゴリ:嫁として( 35 )

春が来た!


f0089225_11165441.jpg

[PR]
by ShinobuYuhara | 2017-04-12 11:16 | 嫁として | Comments(0)

栗剥き中。

f0089225_19222321.jpeg

[PR]
by ShinobuYuhara | 2016-09-20 19:21 | 嫁として | Comments(0)

夕陽

帰省 茨城からの富士山

f0089225_18480661.jpg
f0089225_18482622.jpg

[PR]
by ShinobuYuhara | 2016-01-01 18:47 | 嫁として | Comments(0)

帰省


お盆に帰省できなかったので、日帰りで双方の実家に顔を出して来ました。

せっかくだから ホテルでお食事でも という展開に。

両親がともに健康で笑っていられる幸せ。

神様、ご先祖様、ありがとうございます。

f0089225_1320564.jpg

[PR]
by ShinobuYuhara | 2015-08-27 13:21 | 嫁として | Comments(0)

釣り

f0089225_015728.jpg


霞ヶ浦で釣りをしました。


-------------


今年は田植えがありませんでした。

義父が、田んぼの管理を外注したのです。



私は、主人とお付き合いしている時から田植えに参加していたので

「田植えのないゴールデンウィーク」は初めてです。



20年間、GWには予定を入れられませんでした。

天候次第で時期がずれるので、全て空けておかないといけません。



その、最大の年間行事がなくなってしまいました。



いきなり自由にしてよいと言われても、やっぱり帰省してしまう私達。(笑)

「何もすることがない」というのは なんだかさびしいねと 義姉とも話しました。



大型ショッピングモールをうろついてみて

さんざん試着したのに何も買わず

釣りをしてみたり



結局、


遠出をするわけでもなく

なんとなく連休が終わっちゃいましたが

「自分で決められる自由」を存分に味わいました。



農家の嫁は不自由だなと思っていたけれど、田植えを体験できたのは

貴重なことだったんだなと その有難みをしみじみ感じました。



田んぼからは離れたけど 他にもいろいろ作っているので

これからは、もっと頻繁に帰省して農作業を手伝いたいと思います。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2013-05-06 00:01 | 嫁として | Comments(0)

生粋の日本人だけど


年始のご挨拶をしに帰省してきました。

実家ではホテル最上階でのランチ
眺めが良くて食事は美味しかったです。

f0089225_0564087.jpg


両家とも平和で安心しました。


前々から義母はスーザンボイルに似てるなぁって
思ってたけど、

今日はベニシアさんに似てるなぁって
しみじみ眺めてしまいました。


自然とともに暮らす生活。

自給自足で、野草などに詳しいところ。

のんびり おっとりしているしゃべりかた。


英語しゃべらないベニシアさん。

もしくは、歌わないスーザンボイル。


二人ともイギリス人だけど
義母は、生粋の日本人、田舎のおばあさんです。


本人に言ったら まんざらでもなさそうでした。



もっといろいろ ハーブのこと教えてもらいたいな。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2013-01-03 23:48 | 嫁として | Comments(0)

骨まで愛して



週末は法事でした。

二日がかりで茨城から東京へお墓のお引越し。
ご先祖様たちが、乗用車で100キロ移動しました。

私も、骨壷をひとつ(一体)膝の上に乗せて胸に抱えて
車に乗りました。

喪服を着た集団が、1人ひとつ遺骨を胸に抱いて
車に乗っている図はシュールな光景だったと思います。


お葬式って普通ひとつでしょ?


重たくてひんやりと冷たくて白い骨壷なんだけど
抱っこしているうちにあたたまってきて

なんだか赤ちゃんを抱っこしているような気になって
よしよし トントンしながら 乗っていました。

骨壷には名前が書いていないので
「あなたはだあれ? もうすぐだからね。」

なんて 話しかけちゃったりして。

このご先祖様がひとりでもかけていたら うちのだんな様は 
この世に いなかったのかも って考えたら
骨まで愛おしくなってしまいました。


そう、引っ越したのは旦那様のお母様のご実家のご先祖様。


なのに 旦那様不在のため、嫁の私が代表で参列しました。


バラ園の中にお墓がある とても美しい公園墓地で
噴水があって 小川も流れていて素敵なところでした。

いま、ママ友ならぬ 墓友というのがあって、
将来同じ墓地に埋葬される仲間同士
生前から交流を深めるために

バスツアーがあったり、コンサートに行ったり
仲良くする企画があるとかで

叔母が楽しそうに話してくれました。
亡くなってからも楽しそう。


それにしても つい数ヶ月前まで着ていた喪服が
ぱっつんぱっつんで入らないことに愕然。


あわてて女子大時代の式服(ワンピース)で
代用しましたが びっくりした~。


とどまるところをしらない成長っぷりです。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2012-10-29 23:18 | 嫁として | Comments(0)

嫁業?

f0089225_20455136.jpg


f0089225_20565985.jpg


f0089225_20572569.jpg

男性陣の邪魔ばっかりして あまり働かない嫁です。


私がやったこと

・猫にエサ
・犬の散歩


以上
[PR]
by ShinobuYuhara | 2011-11-25 20:45 | 嫁として | Comments(0)

田植えの裏側



【田植え 2011】が無事に終わりました。

昔は、田植え中の「子守り」(いとこやはとこなど)が私の仕事でしたが
子供たちも成長し、もっと現場に近い仕事が出来るようになりました。

今年は、のすけと一緒に「苗箱洗い」を担当しました。

田植え といっても 実際に植える華やかな?場面の裏には
さまざまな地味な作業があります。(何でもそうですよね)

苗箱 というのは 田植え用の苗が入っている
長方形のザルのような箱です。

f0089225_15493068.jpg

田植えが終わってカラになった苗箱を田んぼから運んできたら
底にこびりついた泥や頑固な根っこ(写真↓中央)を手でこそげ取り
タワシで一つ一つ丁寧に井戸水で洗い流します。
f0089225_15495047.jpg


(中腰での作業 コレ、腰にきます)


下手な人は全身びしょ濡れになります。


10箱ずつ紐で縛り、積み上げます。(結構 重いです)
それを軽トラックに積んで苗を育てる専門の業者に返却します。
f0089225_15501551.jpg


-------------

のすけサンも毎年やっていると だんだん慣れてきて 
今年は非常に手際よく出来るようになりました。

(パンツまでびしょぬれになったけどネ 笑)

お米が出来るまでに どれだけ 人の手がかかっているか
しみじみ実感しながら母子でお手伝いしました。


仕事のあとの 義母のたけのこご飯が美味しくて 食べ過ぎました。
あんなに働いても逆に太る私。(なんでやー!?)


二日目は 義姉と義兄と義妹にアロマローションを作りました。
3人とも喜んでくれたので良かったです。


青森から一時帰宅中の弟夫妻とも会えたし、
(被災地の現状とか色々聞けて)
充実した帰省でした。


ただ、地元の友達に会うまでの時間の余裕は なかった~。
ごめんねごめんね、また今度ね~。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2011-05-05 15:50 | 嫁として | Comments(0)

気にすんじゃないよ!


クリーニング屋さんのおばちゃんに


「あんた! いつも いいよねぇ。」と突然 大声で言われました。


「へ?」


「あまり こだわらない性格でしょ?」と街頭の占い師みたいなことを言うので


「ええ、まぁ。」と曖昧に答えて(そそくさと去ろうとすると)



「やっぱり! いつもウワサしてたんだー、パート仲間と。
あたしは、こう見えてくよくよ悩む性格だからさ。疲れんのよ。」


「私だって悩みはありますよぉ。」と反論してみると


「でも引きずらないでしょ?」


「たいていのことは、忘れますね。」


「ほらね! ああ、あたし、あんたみたいになりたい!
あんたはね、息子さんのお嫁さんとも絶対にうまくやれるよ!」


「そりゃ どうも。」


「だから 気にすんじゃないよ! そのまま天然でいてね。」


(気にしてませんけど)


「あの~、これって、私 褒められてます?」


「ヤダ!褒めてんのよぉ! そうやって分からないところがいいんだよ!
ダンナとバランス取れてるよ。これからもがんばってね!!」


「あ、はぁ、ありがとうございます・・・」



なんなんだ?




「お風呂入ってて 髪の毛洗ったか忘れてまたシャンプーしちゃうこと
ありますよね?」と 調子に乗って言うと

「あ、それはない。」とバッサリ斬られました。


無念。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2011-02-09 10:25 | 嫁として | Comments(2)