<   2006年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

サークル始動!

2006年4月から 未就園児対象 親子英語サークルを始めることにしました。
(自宅教室は 今までどおり 細々と続けますよ。)

今日は、体験レッスン!

日々の仕事に追われ、告知もままならず、チラシを本格的に配ったのが2日前。
公園、駅前、商店街、スーパーの中 etc. 目ぼしい母子連れを見かけたらダッシュ!
「怪しい者ではアリマセーン・オーラ」を体中から出し、
ナンパしまくって 集まったのが なぜか男の子ばっかり10名。

「おねがいっ。華を添えて~!」と ママ友達に頼み込んで、キレイどころの娘さん2人
サクラとして加わっていただき 12名で体験レッスン第一弾を行いました。

いっちょまえに 受付コーナー↓
f0089225_17445855.jpg


今は おうちでも英語に取り組んでいるご家庭が多いのか
子ども達の反応がよくて びっくりしました。

♪ABCソングは、初めから大きな声で歌えるし、踊りもちゃんとついてこられるし
お話はおとなしく聞いていられるし、終わったら拍手してくれるし、ヒデキ感激。
アンケートの回答も どれも好意的で、嬉しくなりました。

来月から、正式に入会してくれるといいなと思います。
楽しいサークルにしよう!!

あ、名前は「Be-kidz」といいます。どうぞよろしくお願いします。
(名づけ親は 泣く子も笑う ワキワキ英語芸人 Pさんです)
[PR]
by ShinobuYuhara | 2006-03-29 17:44 | 人として | Comments(2)

くびれネタ そのⅣ 

昨夜、容態が急変した「くびれちゃん」

会社にいる のすけ父に電話を入れました。
写メールで、状態を送信し 「あ、動いた!」と一喜一憂しつつ見守りましたが、ついに・・・。



一時間後、「(あれから)どうした?」と電話がかかってきたとき





「・・・ご臨終です・・・」





と告げるのがつらかったこと。




昨夜のうちに通夜→土葬にしました。




春なのに、今日は私も、ダークな服を着て出勤。




週末は「告別式」です。




のすけ父「来年も喪中だな」




まじですかー?
[PR]
by ShinobuYuhara | 2006-03-28 22:27 | 妻として | Comments(0)

やってみる?


年度末 多忙につき壊れ気味。

こんな占いが Rさんの日記に載っていました。
チャレンジ!海水魚占い

http://u-maker.com/187326.html

私はキンメモドキでした。
開運下着は 荒縄 ですって。

痛いぢゃん ・・・
[PR]
by ShinobuYuhara | 2006-03-27 06:02 | 人として | Comments(1)

名前を呼ぶとき

K先生のブログ
http://blog.goo.ne.jp/keryoma32235/

で紹介されていた あべまゆみ さん
彼女のコラムを読んで、ずっと疑問に思っていたことが解消しました。
http://www.abe-mayumi.com/

-------------------以下 抜粋-------------------------

>怒りながら子どもの名前を叫んでいませんか?

>大きな声を出したことで、あなたの気持ちは少し落ち着きます。
>“怒り”という感情が“大声を出す”いうカタチで発散できたからです。

>では、子どもはどうでしょうか。
>怒って鬼のような形相で自分の名前を口にされる。

>これはとても恐ろしいし、すごい威圧です。
>これを続けられると、自分の名前を呼ばれることを恐れてしまいます。

>犬に、毎回必ず名前で怒りつけることを習慣にすると、
>名前を呼ばれる=恐怖 という反射神経を持ちます。

>名前を呼ばれただけでドキっとする反射神経になりませんか?

>ただ、目の前のかわいい我が子を怒りの標的にしてはなりません。
>そんな鉛のような爆弾を受けても、子どもは抱えきれないのです。
>怒鳴る親は確実に子どもの絶対的な愛情に甘えています。

>どうか、名前を凶器にしないでください。
>夢と希望を持って、あなたがたがつけた大切な名前じゃないですか。

-----------------------------------------------------

英語の先生は 生徒をストレートに名前で呼びます。
大人から 自分の下の名前を呼び捨てにされて ビクッとなる子が 必ずいます。

どうして この子は 名前を呼ぶとこんなに怯えた表情をするのだろう?

いつもそう思っていました。


納得。


彼女のメルマガに早速申し込みました。
教えて下さったK先生に感謝。
(K先生のメルマガもおすすめです)
[PR]
by ShinobuYuhara | 2006-03-27 05:14 | 母として | Comments(9)

くびれネタ そのⅢ

また、お魚ネタで すみません。

だって【緊急事態】なんです。

のすけ父の大切な「くびれちゃん・黒」(そう、松かさ病になった子です)が
ひっくり返って浮いています。



でも



死んでいるのではなく、仰向け?で ひらひら泳いでいます。背泳ぎ?




イナバウワー状態のまま エサも食べます。




これって どうなの?
[PR]
by ShinobuYuhara | 2006-03-24 08:15 | 妻として | Comments(6)

女性専用車両のはずが・・・

我が家のグッピーを観ていると、四六時中、オスがメスを追い掛け回しています。
メスを巡って、オス同士が戦う姿は壮絶です。

そして、

いつのまにか、メスのお腹がふっくらしてきて、
やがて一ミリにも満たないベビーが誕生したときは感動しました。

獰猛なオスが、ベビーをエサと間違えて食べてしまったときにはショックを受け・・・

ぬぉぉ~っ! 新しく誕生した命を大切にしなくてはっ!

と 赤ちゃん用 隔離ケースを購入して、それはそれは丁重に育てました。


オスは、産後間もない疲れた母親を 容赦なく追い掛け回して
すぐにまた、メスのお腹が大きくなりベビーが生まれ・・・


を繰り返しているうちに、


水槽の人口密度はすごいことになってきました。


ひええ、これは大変!


と急遽、メスを隔離することに。



「女性専用水槽」



うっとおしい男どもがいなくなって、ゆったりと快適にすごしている女性たち。



一方


メスの姿が見えなくなって、手持ち無沙汰のオスたちは男同士で追いかけあったりして
「やめろよ、オレはそんな趣味ねぇよ!」と別のオスに冷たくあしらわれたり
周りのベビーを見回して、「チッ、ここにいるのはガキばっかりだぜ」と言っているようです。

f0089225_18133899.jpg




あれ?



ある日、隔離したはずのメスがふっくらしてきたと思ったら



数日後には 女性専用車両水槽に ベビーがうようよ泳いでいました。



!!!



どうやら、隔離するときには、既にお腹には新しい命が宿っていたみたい。



「妊娠してるなら、そう言ってくれよぅ」 とうなだれる のすけ父。



セリフだけ聞いたら意味深ですね。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2006-03-23 18:13 | 妻として | Comments(0)

お彼岸

祖母の初彼岸で帰省しました。

この間の秋のお彼岸のときは、
お花を飾ったり、お坊さんにお茶を淹れたり、お菓子を用意したり、きびきび動いていた人が
黒枠の写真の中で静かに微笑んでいました。

弟が、まるで【美空ひばりメモリアル】のような立派なDVDを作って親戚に配りました。

表紙には
新婚時代 白金で撮った祖父とのセピア色の記念写真が。
裏表紙には、
兄弟揃って新宿の自宅で取った子どもの頃の記念写真が載っています。
関東大震災前のものだそうです。

祖母が生まれてからなくなるまでの写真・動画が満載のDVDです。
年表まで作ってあって、そこには、ちんのすけの誕生まで記載されています。

震災や空襲に遭ったのに、写真が よく残っていたと思います。
そして、膨大な量の写真を一枚ずつスキャンしてDVDにまとめた弟もすごい。

「どうしても見つからなかった結婚写真があったの」と母が見せてくれました。

f0089225_12144174.jpg


およそ70年前です。

それと

私に宛てた手紙も出てきました。

「前略 あなたにお返事をいただいたので 又書く気になりました。
お元気で何よりです。
これからの永い一生を 親として、母として過ごしていかなければなりません。
種々の事に遭遇するでせうが負けづに頑張って下さい。
おばあちゃんも お母さんも 歩いた道です。」

いつ書いたのか 日付がないので分かりませんが
お彼岸に発見された祖母からのメッセージ 読むたびに涙が。 
ありがたく大事に持ち帰りました。

毎日 郵便受けをのぞくのが楽しみだった祖母のために、せっせと手紙を書いたっけ。
お手紙好きになったのは、祖母のおかげ。

誰かにお手紙を書きたくなりました。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2006-03-20 12:14 | 女性として | Comments(9)

ぱーやまさん

今年、中学を卒業する姪が、3歳の時「ぱーやまさん」と発言して以来、
我が家では、美容院「ぱーやまさん」 です。

母は、ヘアカットのセンスゼロのため、のすけの髪はプロに切ってもらっています。

驚くほど伸びるのが早いので、母の「ぱーやまさん」に【毎月】行く ちんのすけ。
(母は年2~3回なのに)

しかも、生意気に美容師を指名します。
(彼のお気に入りTさんは、ヒーローものに出てくる俳優さんみたい↓永井大 ふう)

f0089225_179576.jpg


今日は、前髪が目に入りそうなので、かなり短くカットしてもらいました。
仕上げにジェルでツンツンにしたら、まさにTさんのミニチュア版。

帰りに寄ったドラッグストアでも、スーパーでも
「おっ! かっこいいなぁ」と褒められて ご満悦。

のすけは、家でゴロゴロ転がるから、あっという間に頭がほこりだらけになるんだけどね・・・。

母は待っている間、VERY やら 家庭画報 やら で セレブ気分を満喫。
昨日、目撃したような女性達が 誌面を飾っていました。

そんな私、今日はGパン・・・。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2006-03-18 17:09 | 母として | Comments(0)

おひとりさま

f0089225_22151323.jpg


たまには、女性であることを思い出さないと。



裾のヒラヒラしたスカートと細いヒールの靴を履いてみました。
気のせいかな? 周りの対応も違ってくるのですね。

キオスクで、笑顔の素敵なNさんに会えた日は嬉しくなります。
今日もチョコを買って、その場で開けて「いっしょにたべよ♪」
「あら、ありがと!」と逆に、アメを三つお返しにくれちゃったりして。

お仕事のあと、せっかくお洒落してるのだからと 足を伸ばして
「プラチナストリート」へ遅めのランチをしに行きました。

子連れのシロガネーゼ達が ひしめく カフェ・レストランで 「おひとりさま」の私。
「ポルチーニ茸と本しめじのパルメジャンリゾット」を注文して周りを見回すと
女性も男性も、モデルさんみたいな人ばかり。

オペラ座みたいな、素敵なお店でした。 従業員さんたちの対応もハナマル。

今度は、どなたかご一緒しませんか?
[PR]
by ShinobuYuhara | 2006-03-17 22:15 | 女性として | Comments(2)

面談

今年度 最後のH小学校の読み聞かせでした。
(ちなみに、ちんのすけはK小学校です)

よその小学校のママが来るのもなんだか変な感じですが、
子供達も、他のママ達も、先生方も、みなさん寛大なので
調子に乗って、わが子の小学校よりも頻繁に出入りしてるかも。

今日は 国旗クイズ&世界のコンニチハの手遊び?をしたあと
リクエストにお応えして洋書絵本「NO, DAVID!」を読みました。

先週は、「くんちゃんのはじめてのがっこう」 というしんみりした和書を
読んだのに、最終日にこんなふざけた本でいいのかなと思いつつ・・・

最後に、図書ボランティアのママから、子供達全員に修了証のような
お花のついた、かわいい丸型の手作りカードが配られました。
「いいないいなー」なんて騒いでいたら、なんと私の分までありました。(嬉)

担任の先生はじめ、みんなから「ありがとうございました!」なんて
言われて、「モグリのなんちゃってボランティア」の私はこそばゆかったです。
呼ばれれば、喜んで、来年度もお邪魔します! 

午後の自宅レッスンのあとは、個人面談 第一弾をしました。
(ここが、お教室 兼 リビング・ダイニング です)

f0089225_2111986.jpg


参観日や発表会など、保護者が全員揃う機会は結構あるのですが 
ひとりひとりのお母さんとじっくり「真面目に」話したことがなかった!ので
個人のご要望を伺えたのは とても良かったです。

毎月 出しているニュースレターも、
隅々までちゃんと読んで下さっていることが分かり嬉しくなりました。

こちらも、ご期待に沿えるよう頑張ります。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2006-03-15 21:11 | 人として | Comments(2)