<   2006年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

無駄に怒らない

今日のサークル。 

いつも使っている「音楽室」は締め切ると音がもれない防音構造。
準備していたら 妙に暑い。熱い。あづい~っ!

1組、また1組と子供達が集まると サウナのようになってきました。
さすがに変だと思ってエアコンを見ると【異常】を示す文字・・・。



こわれてる・・・。



管理人室に行って 点検してもらっても直らない。

(こんな部屋で 歌って踊ったらみんな熱中症になってしまう。)

身の危険を感じたので、管理人さんに交渉して
レッスン途中から 別のお部屋にお引越し。

3倍以上も広いホール。
ひゃ~涼しい~。

急遽 空間を生かしたプログラムに変更。
子供達大喜びで ぐるぐる走る。

そして 最後に 今回どうしても組み込みたかった ママ用クラフト
f0089225_1929417.jpg

「チャイルドビジョン(幼児視野体験メガネ)」を作りました。

幼児さん(含む 小学校低学年)は この程度しか見えないんです。

気をつけて!
危ない!

と 

いくら親が叫んでも【見えない】んです。
何が危ないのか わからないんです。

頭をゴチン! したり 
お友達とごっつんこ しちゃうのも
無理ないんです。

どうか お母さん、無駄に怒りのエネルギーを使わないで下さい。

危ないな と思ったら【STOP!】と思い切り叫んで
とりあえず行動を止めて下さい。

あとは 冷静にゆっくり話せば2才児さんにだって分かります。

英語のレッスンとは直接関係ないけれど、
昨日習ったチャイルドマインダーの授業の受け売りだけど、
これはすごく大切なこと。

どうしても伝えたくてプログラムに組み込みました。

ママ達もびっくり!

「うわー」
「へええ~」
「ええ! これしか見えてないんだ!」
「怖いね~」

ああ、私も、もっと早く知っていれば、
ちんのすけに拳骨くらわすことも
なかったのにな~。

ごめんよ~。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2006-06-28 19:29 | 母として | Comments(2)

脱力

思わず まるめてしまったそうです。 

f0089225_932360.jpg

[PR]
by ShinobuYuhara | 2006-06-26 09:32 | 母として | Comments(0)

ヨガとDID

午前中 PTAで「ヨガ教室」を主催しました。

講師はステージで 参加者は体育館の床で。
ヨガマットの代わりに 体育マット。
この重さ、臭い 懐かしい~。

体育館の片隅に保育コーナーを設けました。
そこでも敷物代わりに体育マット。

会場設営係、自転車誘導係、受付係、保育係、etc.
みな自分から進んでテキパキと動いてくれて。
一番ヒマそうなのは、本部役員の私だー。

雰囲気満点のフィットネスクラブのヨガに比べたら
エアコンもないし、明るいし、BGMもアロマもないけど
先生のリードのお陰でヨガの世界に浸ることが出来ました。

(私にとって)呼吸の説明が一番よかったです。

右の鼻の穴は「陽」左の鼻の穴は「陰」の気が入るそうで

元気になりたいときは左の鼻の穴を塞いで右だけで深呼吸。
朝起きたとき、これから仕事!のときは右。

冷静になりたいときは右の鼻の穴を塞いで左だけで深呼吸。
眠りにつく前、子どもにカッとなったときは左。

やや鼻づまり気味の私にはちと苦しかったけど(笑)
リラックスしすぎて やっぱり途中で寝ちゃいました。

最後にPTA会長の挨拶、コラーゲン入りドリンクを配って
拍手でおひらき。PTAヨガ教室の試みは大成功。
ご参加いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。


急いで帰宅。午後は…

Tシャツ&ジャージから麻のスカートに着替えて青山へ。
DID ダイアローグ・イン・ザ・ダーク に行って来ました。
http://www.dialoginthedark.com/contents/index.html

目を開けても閉じても変わらぬ闇の世界を体験します。

私は昨年秋 大人のツアーに初めて体験して衝撃を受けました。
そのあと 子どものツアーにちんのすけを送り込み
彼も、視覚以外の感覚が研ぎ澄まされる感覚を味わい
視覚障害者への見方も変わり、物事に対する好奇心が旺盛になり
点字ブロックなどに対する意識が変わりました。

「また行きたいね」と言っていたら、
アクアさんから「今年もあるよ~」との情報をいただき、
早速予約しました。アクアさんに感謝!

今回は「森のりすさんへのお土産を持ってきてください」と
事前に連絡があったので、それぞれ手土産持参で集合。
ちんのすけは 松ぼっくり。
どんぐりや葉っぱを持ってきた子もいました。

始まる前のぎこちない自己紹介とはまるで違う
終わった後の連帯感。
初めて会ったお友達と離れがたく
こどもの城が閉館になるまで一緒に遊びました。

DID 子どもにも大人にも一度は体験してほしいな。
大人は人生観が変わるかも知れません。


※夏休みのDIDの予約が始まりました。
 
[PR]
by ShinobuYuhara | 2006-06-25 10:23 | 人として | Comments(8)

マグマ

溶岩浴に行ってきました。 ※岩盤浴ではありません。溶岩です!

TVで 女優さんが「健康美の秘訣は富士山の溶岩浴です」と
インタビューに答えていて、耳がダンボに。



   なんだそれはっ!?



と、PCで検索したら、ありました。
http://www.olivespa.co.jp/omotesando/top.html
(溶岩、マグマパワーって なんだかすごそう・・・)

ファッション雑誌を立ち読みしていたら そこにも モデルさんの
「今、マイブームは溶岩浴です」とインタビュー記事が載っていて


こりゃ、ひとつ 行ぐしかねぇべ。 


岩盤浴との違いを確かめるべく、スポット時間にうまく予約が取れたので
いってきました。


ホットストーンスパ用の黒い小石が敷き詰められた場所に
バスタオルを敷いて 寝る

休憩(水分補給)


この繰り返し。岩盤浴と同じ要領。

でも、発汗量は断然マグマ!
岩盤浴でも、じわ~っとしか汗をかかないこの私。
溶岩浴だと ボタボタぼたぼた 汗が出ます。
手の甲も汗びっしょり。

たった30分で1キロ痩せました。
わお!

気を良くした私は、表参道ヒルズをぷらぷらお散歩して
時間がなくなり 猛ダッシュで帰りました。
帰り際に記念にパチリ。の1枚デス。
(同潤会アパートの名残がすこしあって嬉しかったな~)
f0089225_1314036.jpg

[PR]
by ShinobuYuhara | 2006-06-23 13:01 | 女性として | Comments(0)

UME&SHISO

梅雨といえば 梅ジュース&シソジュース 作り♪
毎年恒例のお楽しみレッスンです。

タイミングよく 田舎から 青梅が どーんと段ボールで届きました。
氷砂糖 4袋  お酢 4本 用意して
瓶とペットボトルは各自持ってきてもらいました。

今年はちょうどいいBGMに合わせて 作業もリズミカルに進みます。
(ステラちゃんから新発売のCD №23 Let’s Play Together のカラオケ版)

Washing washing I am washing で
梅を洗う作業から始まり、

wipe (水気を拭く)
pick(取り出す)
stick(刺して小さい穴を開ける)
put (入れる)
pour(注ぐ)
mix (混ぜる)
make(作る)
open(開ける)
shake(振る)
taste(味見をする)

このCD いろんな動詞で 応用が効きます。 便利便利♪
http://www.stellar-edu.com/

途中 梅の数をめぐって fighting→ crying→ laughing
                (ケンカして、泣いて、 笑って) と大忙し。

その間 私は、Boil しておいた お湯の中に赤紫蘇を投入!
(前回 毛虫がいたので誰も紫蘇の葉ちぎりを やりたがらず)

ここからは みんなで

どす赤黒いお湯に 1人ずつ 氷砂糖をじゃらじゃら~
he-he-he と 魔女のように大なべをかき回し

さあ 一番楽しいところだよ!よく見てて!

お酢を入れると あら不思議!?

鮮やかなピンク色に変身!!
(理科の実験みたい)

これは何度やってもわくわくします。
氷を入れて冷ましたシソジュースを試飲して
ペットボトルに入れてお土産。

この時期、ダレがちなレッスンも たまにこういうことをやると
いいみたい。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2006-06-22 09:32 | 人として | Comments(0)

お告げ?

二軒となりの奥さんは ケーキ屋さんでアルバイトをしています。

制服姿が かわいくて とても子持ちには見えません。
彼女の二人のお子さんは「甘いもの嫌い」だそうで

自動的に余ったケーキが我が家に回ってきます♪

白い箱にキチンと並んだ美味しいと評判のケーキ。
眺めているだけでも うっとり の芸術品。

「召し上がらなければ捨てちゃって下さい。
ご迷惑ですか?」

なんて!

この私が、断るわけないでしょー?

彼女がアルバイトを始めてから
ダイエットの文字が頭から削除されました。

そして

お菓子の頒布会にも入っています。
箱詰めの手作りスイーツが定期的に届きます。

** 3 o'clock* from little kitchen ** 
http://nanatutu.chips.jp/top.html

約一年続いた頒布会が今月で終わりました。

と 同時に

例の奥さんから
「わたし、転職しました。ケーキ屋さん辞めたの。」とご挨拶。


がーん!


これは、神のお告げか?



よく鏡を見たら、いつからか、顔がまるまると・・・。
そう言えば、最近 毎日ケーキ食べてたかも。



(甘いもの、しばらく自粛しようかな・・・。)
[PR]
by ShinobuYuhara | 2006-06-21 12:08 | 女性として | Comments(4)

しりとり


昨日は 給食試食会でした。
去年参加できなかったので すっごく楽しみでした。

並んで配膳してもらうの、懐かしいなー。

着席して さぁ食べよう!と思ったら誰も手をつけていない…。
役員さんのご挨拶&副校長先生のお話がありました。
危うく、1人でがっつくところでした。(汗)

うちの小学校は、給食室の作りたてが食べられるので
こどもたちは幸せだね♪

陶器の食器で頂く給食は新鮮で美味しかったです。


で、


午後は 児童館での読み聞かせボランティアでした。
2年生に「しりとりのだいすきなおうさま」を読みました。

暑かったせいか、みんな壊れ気味で、ダラダラ、ザワザワ。

ふと思いついて

「じゃ、ひとりずつ【しりとり】やってみようか?」

「しりとり!」

と私から、いきなり右端の男の子にフリました。

「えっ?オレ? り、り りす!」

とその子は隣の子にフリ、

すいか→カメ→メダカ→ とおとなりへ はい おとなりへ。

二列目 三列目 そして 四列目。
大騒ぎしていた男の子も真剣です。

一番うるさかった子が最後になりました。

私「きみは最後に【ん】で終わらなくちゃだめだよ!」と
プレッシャーをかけると
周りは固唾を呑んで なりゆきを見守っています。


さあ、ついに、その子の番が来ました。



【り】



り ではじまって ん で終わるコトバ。 なんだろう?

みんなも考えてみて。



全員に注目されて 汗をかきながら頭をひねるその子に
別の子が、カウントダウンを始めました。

「降参? 降参?」とからかう子に




「うるせぇな!」



とすごんだ後



小さな声で




「・・・りぼん。」



おおおおお!と みんなの感嘆の声。


「きれいにまとめてくれてありがとう!みんな拍手~!」
パチパチパチパチ!

今日の主役になり ニヤニヤ嬉しそうな男の子。
お願いだから、次回はおとなしく聞いてね。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2006-06-20 17:03 | 人として | Comments(2)

再会・再見

数日前に、Jamesからメールが届きました。
「18日に日本にトランジットで一泊する。翌朝には発つ。会いたい」

…って アンタ そんな急に。 しかもイベント当日夜!?


普通なら「無理」って断るところだけど 他でもない Jamesの来日。
今回のチャンスを逃したら もう二度と会えないかもしれない。
這ってでも行かなくちゃ!



イベント撤収作業終了後、ダッシュで帰宅して
Gパンからスカートに着替えて行ってきましたよ、成田まで。

~長くなるので簡単に説明すると~

彼との出会いは、まだ「昭和」だった頃。(古っ)
恐ろしいハーレムで、私を救ってくれたのがJamesでした。

それから文通が続き、最後に会ったのは10年前。
大晦日のニューヨーク。
連れて行かれたレストランで、VIP待遇を受けて
Jamesが実は、ハーバード大卒の富裕層だと初めて知りました。

ちんのすけが生まれて、Jamesのお孫さんが生まれて
お祝いやお互いのベビーの写真のやり取りをしたり
あっという間に10年。

久しぶりに会った彼はちょっと痩せたけど
レイチャールズみたいな雰囲気は健在でした。
新しいパートナーのSueも素敵な女性でした。

f0089225_13391593.jpg

ちんのすけは照れながらも 聞かれたことにはちゃんと答え
目の前で折り紙を折ってみせてプレゼントしたり
一緒にトランプをやってみたり、遊んでもらって
最後にはBIG HUG でバイバイしました。

「See you in NY.」

今度会うときはちんのすけがNYに留学してたりして。
なんて夢が膨らんでしまいました。

ホテルで夕食をご一緒しただけだったけど
やっぱり会いに行ってよかった。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2006-06-19 13:39 | 人として | Comments(4)

こどものつくるまち

18日の ミニたていし・プレイベントは大盛況でした。
写真は ちんのすけが作った看板です。
「ほいくえん」と「ジュースやさん」
f0089225_13365389.jpg


※詳細はコチラ↓
http://homepage2.nifty.com/minitateishi/index.htm

~流れ~

1 受付で「住民カード」をもらいます。
2 お仕事紹介所で自分の「やりたい仕事」を決めます。
3 希望の職場へ行き、働きます。
4 辞めたくなったら「働いた時間」を記録してもらいます。
5 時間によって銀行で換金(ここでだけで使えるお金)します。
6 「自由に」買い物をしたり飲み食いしたりします。
7 お金がなくなったら、またお仕事紹介所へ。

ちなみに今回は下記のような「お仕事」がありました。

・受付
・銀行
・お仕事紹介所
・ジュース屋
・バッグ屋
・お花屋
・保育園
・小麦粉風船屋
・クレープ屋

と おとなカフェ(談話室)

ちんのすけは「お花屋」さん担当で張り切っていました。
私は「保育園」の園長(大人スタッフ)でした。


こどもってすごい!


自分たちで「どうやったら売れるか」を工夫して
看板を持ち歩いて大声でアピールしたり、
試食、試飲をやってみたり、
タイムサービスをしてみたり、
お客さんからの値段交渉に応じたり、

大人が学ぶべきところが た~っくさんありました。

ずーっと同じ仕事に就いている職人肌の子もいれば
次々と転職を繰り返す、華麗な職歴の子もいて
それぞれの個性が現れました。

小さい頃から自分の適性を知ることが出来るし
「働かざる者 食うべからず精神」を遊びながら
身をもって体験することが出来るなんて羨ましいなぁ。

うちの本部役員の方々やPTA会長も来て下さり
イキイキと働く子供達の様子を見て
とっても刺激を受けたようです。

こんなイベントに関わることが出来て本当によかった!

次回は2007年3月25日(日)です。

大人もスタッフとして関わる方が絶対に面白い!
ご興味のある方、一緒に楽しみませんか?
[PR]
by ShinobuYuhara | 2006-06-19 13:36 | 母として | Comments(2)

ミニたていし

6月18日 ミニたていし プレイベント!

詳細は後でレポートします。
お楽しみに♪
[PR]
by ShinobuYuhara | 2006-06-18 06:36 | 母として | Comments(0)