<   2010年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

教育とは



Mickeyさんに教わった「森の声」さんのブログ
今日の内容もとっても共感できました。

-----------以下 長いので 抜粋します。----------------

早期教育を勧める人たちは、
「赤ちゃんだって、幼児だって、鍛えればこんなすごいことが
出来るんだから、この能力を開発してあげないのは罪だ」
というようなことを言います。

赤ちゃんや幼児にそのようなことが可能なのは、
まだ情報の入出力を管理する心の働きが未熟だからです。

幼児期の「すごい能力」は心が未熟な時期だからこそ出来る能力なんです。

ですから、

心が成長するに従って、次第にそのような能力は低下していきます。
同時に「自信」も失っていきます。

そして、本来幼児期に学ぶべきことを学ぶことが出来ないまま
大人になっていくことになります。


脳の進化の歴史では「絶対音階」より「相対音階」、
「覚える能力」より「忘れる能力」の方が高度なんです。

「具体的に考える能力」より「抽象的に考える能力」。
「明確に考える能力」より「漠然と考える能力」の方が
より人間的な能力なんです。


実際、前者は機械にでも出来ますが、後者は人間にしかできません。


でも、能力開発を目指す人たちは
その古い能力ばかりを育てようとして、
新しい能力を育てようとはしません。


確かに、スポーツ選手などでは幼児期からの早期教育によって
才能を開いた人が結構います。

でも、彼らの現役時代は非常に短いです。

スポーツ選手を目指すならともかく、
そうでないのならそのような考え方に惑わされないことです。


その他の職業の人で、早期教育で才能を開花させた人を
どれくらい知っていますか。

その人たちは、若い時だけでなく、
年取ってからも現役で活躍していますか。


実は、「年を取ってからも使えるような能力」というものは、
ゆっくりと育つのです。


若い時に簡単に育てることが出来るような能力は
若い時にしか使えないのです。


人間の成長にはその両方が必要なのですが、能力偏重の現代社会では、
若い時に簡単に育てることが出来る能力ばかり育てようとしています。

その結果

一生かけて「ゆっくりと育つ能力」が育たなくなってしまっています。


そのような「能力重視の社会」では、
当然ながら「老人」の価値は低くなります。

また、老人自身も「ゆっくりと育つ能力」が育っていないので、
自分でも「自分の価値」を肯定することが出来ません。



今、大人たちは子どもの「能力育て」に一生懸命です。


あれが出来るようになった、これが出来るようになったと喜び、
そのために子どもを追い立て、投資しています。


その一方で老人や障害者といった「役に立つ能力を持っていない人」は
社会的に阻害されています。


せいぜい、「同じ人間だから」、「可哀想だから」、
「昔、頑張ってきたから」という理由で大切にされる程度です。


今の日本の社会は、老人が「老人として」尊敬される社会ではありません。


幼児も「幼児としてのありのままの状態」が肯定され、
大切にされているわけではありません。


子育ても教育もそのような視点からもう一度議論し直す必要があるのです。

--------------------- 以下 略------------------------------


全文を読みたい方は「森の声」さんのブログ
~森へいこう~へどうぞ↓
http://plaza.rakuten.co.jp/moriheikou/




私は 


その子が 60歳になっても80歳になっても幸せだと思える能力を
ゆっくりと育て 共に成長していける人になりたいです。

森の声さんのブログを読んで

「そんなの綺麗ごとだぁ」って感じたときは 病んでるなぁって
自分の精神状態のバロメーターにしています。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-02-24 11:08 | 人として | Comments(0)

いじめっこ視点



連日 フィギュアスケートの報道が過熱してて苦しくなります。

世界中からのプレッシャーも跳ね飛ばし
選手達みんなが 本来の実力を発揮できますように。

メディアは どんな結果が出ても 善意ある報道をしてください。

----------------------------

国母選手を ああやって 意地悪く吊るし上げる前に 
周りの大人達が 何かアドバイスできたろうに。

せっかくの晴れ舞台の前に あんなにバッシングされて。
見事入賞したのに「メダル取れず」って叩かれて


帰ってきてからも


某新聞には

「オリンピックで何を得ましたか?」という質問に
しばらく考えて「まだ わかりません・・・」と答えた と書いてあるのに

某ニュースでは

国母「オリンピックで得たもの ない。」 と書いてあるし。


全然 受ける印象が違うじゃん。
後者のニュースだけ見た人はどう思うかしら。

国母選手への報道の仕方には「悪意」さえ感じます。

原因を作ったのは彼だけど あれじゃ「いじめ」。
少しでも はみだした人を見ると叩かずにはいられないメディア。


-------------------------------


◆98点 がんばった!◆

というのと

◆100点ならず 無念の98点◆

というのじゃ


同じ結果なのに 違うもん。


メディアが 普段から「いじめっこ視点」で 報道するから
日本中の物事の捉え方が そうなるんじゃないかな。


母→子

大人同士

子ども同士


誰か「叩く対象」を作らないと気が済まない社会。
みんなと同じじゃないと不安になる社会。

結果主義。(これは仕方ないとして)


メディアの影響力ってすごいんだから もう少し考えて報道して欲しいなぁ。


報道を鵜呑みにしない
事実を確かめること
過程も知ること


なんて うちでは話し合いました。


-------------------------


みんな がんばれー!
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-02-23 17:56 | 人として | Comments(0)

終わってる場合じゃない



代々木のアウトリーチから始まって 自分も参加したり、お手伝いしたり
お客さんで行ったのも含めて9箇所も行っているから 

既に「YAは終わった感」があって ぼんやりしていたら 
のすけ父が お水やらピーナツバターやら大量に買ってきました。
「今年はオレがステーキ焼くぞー!」と張り切っています。


そういや 明後日からホームスティ受け入れだ!


で、さっき じぶん未来クラブから電話があって
「ピーナツ」が食べられない男性が来るって・・・。
女性はベジタリアンだって・・・。


思わずパパに電話しちゃった。
「・・・あんなに(使えない食材)どうしようねぇ。 あははは。」だって。



やっぱり あとの買い物は 当人たちが来てから一緒に行こうっと。



お布団でも干すか。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-02-23 10:34 | 人として | Comments(0)

7年



シュタイナーによると 人生とは7年周期だそうで

35歳から42歳は、現実的になると同時に他者に対して批判的になり、自分の本当の勝ちを探求して行く時期

42歳から49歳は、自分の人生の本当のテーマを考える時期

49歳から56歳は、そのテーマを実現する方法を探る時期

56歳から63歳は、そのテーマを実行する時期

63歳以降は、おのおの時期固有の課題から解放されて、自由に生きる時期

だそうです。


以前 サクラメントで学んだ時に自分の人生をその周期で区切ってみたら
見事に 人生の転機が訪れていました。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-02-22 12:19 | 人として | Comments(0)

パズル・パズル



「読み聞かせ」のシフトを組むのってパズルみたいです。

3学期の日程を学校と調整して1年生から6年生まで各クラスに1人

まず 皆さんの都合をメールで聞きますが
なかなか返事が帰ってこない~。

催促すると

Aさん「○月○日だけはOKです。」
Bさん「ごめんなさい。◇月△日だけ行けません。」
Cさん「この日とこの日とこの日は行けます。」





バラバラ戻ってくるメールを整理しているうちに
頭が混乱してわけが分からなくなったので


みんなが集まった時に

「行ける日程の部分の空欄に名前を書いて埋めてください。」と
お願いしたら

Dさん「えー、自分でなんて決められない。」
E・F・G・Hさん「お任せします。」
Iさん「決めてください!」


と 結局またパズルをすることに。






ようやく完成して配ったところ

Kさん「ごめんなさい。やっぱりこの日はダメでした。」
Jさん「このクラスだけは外して欲しい。」
Lさん「5年3組は やったことのあるクラスだから交代して」
Mさん「我が子のクラスに行きたい。」

と 新たな要求メールが。


1人組み替えると あらら、この人 次また同じクラスになっちゃう。
だから あの人と交代して・・・おっと今度はこっちがダブるし。

皆が過去にやったクラスまで遡っていくなんて気が遠くなる。
ああ、理系の人は こういうの得意なんだろうなぁ。



一週間前に最終シフト表をメールして
前日にリマインダーメールして
迎えた当日。

のすけ39度の発熱。
休むわけには行かず。


しかも大雪。


1人来ない・・・


自宅に電話したら出た!
「ごめんなさい。忘れてました!」

(携帯にメールするとはじかれちゃうから自宅にメールして)って
言ったからPCあてに わざわざ3回もメールしておいたのに。


「10分で行きます!」というので

「じゃあ、それまで 時間つないで置きます。」と とりあえず教室へ。


幸い一冊だけ絵本を持っていたので それを読みましたが
自分は読まない日だったので練習もしておらず 冷や汗ものでした。
(幼児向け絵本 を 卒業間近の6年生に読んでしまった。)







読み終わっても 当人 来る気配なし。



そこで「実は私はピンチヒッターで」なんて言い訳するのも嫌だから
残り時間は フリートークでお茶を濁しました。


戻ってきたら


「メールがなかったので今日はないと思っていました。」
なんて携帯メールが入っていた!



脱力。orz



----------------------

読み聞かせの代表って こんなに大変だったんだぁと
改めて歴代の皆様に感謝の気持ちで一杯です。


メールの返事も

「ありがとうございます。」
「ご苦労様です。」

と 一言添えてあるだけで報われる~。


返事くれるだけ ましだけど いきなり文句はやめて欲しい~。


これからは ワガママ言うのやめよう と 学習しております。


YAの問い合わせ、PTAの連絡、読み聞かせ、サークル、その他
ちょっとメールが同時に飛び交うと フリーズするこの頭 
なんとかならんだろうか。


どうやったら容量が増えるのかな。



今週の木曜日 乳幼児向け「おひなまつり」イベントです。
英語遊び・読み聞かせを担当します。

お近くの方は渋江児童館へお越し下さいね♪



なにやろう・・・。(←プログラム まだ決まってない!)
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-02-22 11:47 | 人として | Comments(0)

シュタイナー教育



発音道場の師匠 Mayukaさんが「日本の教育」について
日記を書いていらっしゃいますが、

私は本場の「シュタイナー教育」のやり方はいいなぁ~と
サクラメントで学んで実感してきました。


日々の生活やサークルのレッスンにも取り入れています。
アロマの勉強も実は その延長線上にあります。


その 本場サクラメントでの私の師 岡田有子先生が来日されます。
年に2度の なかなかないチャンスです!


----------- 以下 お知らせです ----------------------

A New Discovery Ⅸ 精神心理学入門
   ~静寂に耳を傾ける~

◆日時:2010年3月13日(土) 11:00~17:00

      Introduction  11:00~12:30 (受け付けは10:45から)
      Session 1  13:45~15:00
      Session 2   15:15~16:30

◆会場: JJ Fellowship立石オフィス 

◆参加費: 5,500円

New Discovery Ⅷ(昨年10月実施)にご参加の方には
リピート参加割引がございますのでお問い合わせください。


◆岡田先生からのメッセージ

私たちの心の領域は謎に満ちています。
専門的な研究の末、何か新しい発見があったとしても、
依然わからないことの方が多いのです。

今ここに息づいている身体を置き去りにすることなく、
永遠へと連なる精神性を探究することは可能でしょうか?
バランスのとれた健やかな魂を育てていくためには、
具体的にどんな方法があるのでしょうか?

ユング派のセラピストであり、シュタイナーの人智学にも
造詣の深いロバート・サーデッロ氏は90年代初めに
「精神心理学」という新しい学問の分野を打ち立てました。
その核になるのが「静寂のワーク」です。

このワークは静寂を概念として勉強するのではなく、
静寂という言葉で表現されるものの実体を、
さまざまな角度から体験し、理解を深めていこうとするものです。

静かに自分を見つめる時間を持ちたいという方、
魂の成長に興味をお持ちの方、どうぞご参加下さい。
事前の知識は必要ありません。


講師紹介:岡田有子

ニューヨーク州のシュタイナー学校でクラス担任を務めた後、
98年より04年までカリフォルニア州のシュタイナーカレッジにて
「日本人のための自然と芸術プログラム」のディレクターを務める。
同校で教鞭を執り翻訳を手がける傍ら、
年2回の帰国時に日本各地にてワークショップ開催。
サクラメント在住。

お問合せ・お申し込み先: メールで Mayuka@JJFellowship.com

------------------------------------------------------

興味のある方、ぜひご一緒しましょう♪
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-02-19 09:53 | 人として | Comments(0)

魔女ガール



流行りの「森ガール」が進化すると「魔女ガール」になるそうで。

*  *  *  *  *

アロマは欧米では医療行為として認められています。

日本では まだまだ雑貨扱いですが 使ってみて その効能を実感中。
マスクに精油を1滴垂らすだけで喉の痛みが和らいだりします。

aroma pod師匠から「ハーブウォーター」について教わりました。

芳香蒸留水・ハイドロゾル・フローラルウォーターの世界は 
もっと幅広く、奥深く、知れば知るほどハマりそうです。

昨日

・スペシャル美白化粧水
・抗菌おしぼり
・虫除けスプレー

を作りました。


芳香蒸留水を混ぜたり
精油を処方したり
占ってみたり


なんだか日々「魔女」になっていく気分です。


He-he-he


なんちて。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-02-18 14:20 | 女性として | Comments(0)

良い妻貯金



土日に家を空けるのは 気が引けるので 週末に仕事は入れない。
たまに出かけることもあるけど 基本的には家族優先。

「お帰り~♪」と迎えてあげたいので 夕方には家にいる。
家族が帰ってくる時間にレッスンは入れない。

「いってらっしゃ~い♪」と見送りたいから
自分が先に出かける用事は極力避ける。

朝 ゆっくりとお茶を淹れる。


団欒のときに1人で背を向けるのは いかがなものか 
ということで 通常PCの電源は切っておく。

携帯をいじっているのは感じが悪いので
家にいるときは あまり触らない。

家族がいる時は長電話しない。


まだまだあるよ。








ウチの旦那様 最近は 朝ゆっくり出勤で 帰りも早いので

全部 守っていたら 仕事にならないんですけど。。。

ぶつぶつ(笑)



でもね、


~ こんなお母さんだったらいいなぁ ~

~ こんな奥さんだったらいいなぁ ~


という「自分だったらして欲しいこと」をするのは 気持ちがいいです。 

ある意味 自己満足ですけど。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-02-16 17:44 | 妻として | Comments(0)

諭吉のオススメ



福沢諭吉の「学問のすすめ」

冒頭(天は人の上に人を造らず・・・)は有名ですが 
最後に何が書いてあるか知っていますか?

最後の第17編「人望論」の また最後で 次の3点を論じています。


1・言語を学ぶこと

  分かりやすい日本語を用いて分かりやすい表現をせよ


2・顔色容貌を快活にせよ

  苦虫を噛み潰したような顔をしていたのでは人は寄って来ない
  人と人が接触するところで発展がある。
  顔色容貌の活発愉快なるは人の徳義の一箇条


3・専門だけに閉じこもらずいろんな人と交際せよ

  旧友を忘れず 新友を求め 様々な方法で交際を広げよ
  人と仲良くせよ



お正月の朝日新聞「あすへの話題」というコラムの抜粋ですが
印象に残ったので切り抜いておきました。


上記コラムの筆者(東京大学教授 北岡 伸一氏)は 

「立派な学者は 概して謙虚なものである。謙虚にしていないと 
周りはなにも教えてくれないので損をすることになる。
福沢の3つの教えは当たり前のことで簡単なようだがそうでもない。」

等、加筆しています。


学問のすすめ は 論語 が もとになっているそうです。


お札になる人は ちがうねぇ。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-02-16 16:28 | 人として | Comments(0)

画期的

f0089225_14191588.jpg


YA@世田谷のショーを観にいって来ました。
母校の講堂で行われるというので。

在学当時、敷地内ではGパンはおろかズボン禁止だったので
一応 モカグレー無地のワンピースで行きました。


当時、フード付の服、ロゴ入りの服、原色の服も禁止でした。

それが

派手な色、ロゴ入りのTシャツとブルージーンズの集団が
神聖な講堂のステージに上がっている!


スゴーイ!!!


いつも和装で厳しかった保坂都先生がご覧になったら卒倒なさるかも。



窮屈だなぁと思っていた学校でも いいところがたくさんありました。

世界中のエンターテイメントが この講堂で行われていたので
学生は3000円で鑑賞することが出来ました。
講演は学生は無料で聴けました。

芸術は3回、文化講座は3回、研究講座は3回  合計9回 

一年の間に 観る・聴く・「翌日に」レポートを提出する 
というのが卒業単位にもなっておりました。


(ああ、めんどくさい)と思っていましたが


能でもオペラでもオーケストラでも雑技団でも選択の余地はあり
一流の芸術を鑑賞して その日のうちに感想をまとめる訓練ができ
学校は自由な感性と文章力を育ててくれました。


それは 今まで クラッシックに限っていたのに


ヤングアメリカンズが あの舞台にのるようになったのは感慨深いです。


ライオンキングで スティック ドンドンやって
大丈夫だったのかなと心配になりました。



~ 卒業アルバムは 見事に全員スカート!シックな色づかいです ~
   (私も うま~く化けてますよ 笑)
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-02-15 14:19 | 女性として | Comments(0)