<   2010年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

なにか面白いこと



以前 アロマレッスンを2回ほど受講してくれた
外国人の女の子Mちゃん(20)と デートすることになりました。

浅草は? → 行った
横浜は? → 行った
鎌倉は? → 行った


じゃあ、どこ行きたい? → 分からない…あ、京都!

日帰りじゃムリ。


何がしたい? → 何か面白いこと!!!


面白いことねぇ。。。


うーん


うーん


そうだ!


某ホテルのブライダルフェアに行くことにしました。


どう? って 提案したら 


M 「面白そう! キモノ着てみたかったの♪」


私 「ただーし、私達、女優にならないといけないわよ。」


M 「ワカタ!」


聞かれるであろう質問(挙式予定日や招待客数や予算など)の
答えを入念に?打ち合わせして頭に叩き込み
いざホテルのブライダルサロンへ。


M 「緊張する~。英語が話せる人じゃありませんように。」


担当者は幸い日本語のみの方だったので
私がワンクッション入ることができました。

想定内の質疑応答をクリアしたあとは

チャペルや神殿を見学したり
披露宴の演出を体験したり
引き出物を眺めたり

ケーキカットで使用される
生ケーキをご馳走になったり
花嫁衣裳を試着したり

f0089225_23342287.jpg


ニッポンのウェディングスタイルは
外国人のMちゃんにとって 
新鮮だったようです。

だんだん その気になってきたMちゃん
300万という見積りを見て
「あら、安いわね♪」って…。

(…ノリノリじゃん)


目もくらむような衣装室で彼女が選んだ

f0089225_23352011.jpg

アイボリーのドレス


f0089225_2336189.jpg

ブルーのドレス

f0089225_23362918.jpg

赤い色内掛け


f0089225_2337590.jpg

青い色打掛け


f0089225_23374212.jpg

白無垢


かわいいので何を着ても似合います。

衣装担当の方も嬉しくなったのか
髪の毛をアップに結って下さって
記念写真も撮りまくり 
大満足のMちゃん。

ホテルから出た瞬間 顔を見合わせて
「私達の演技、カンペキだったね!」


駅からの送迎つきで
費用ゼロ。


面白い一日でした。


帰ったら、いい土産話が出来るかな?
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-09-30 23:37 | 人として | Comments(0)

もしかして・・・?

いくつ当てはまる?


1 忘れ物、うっかりミスが多い。

2 約束の時間に遅れがちだ。

3 片づけが苦手。

4 電話や雑音などで気が散ると目の前のことに集中できなくなることが多い。

5 基本的に、説明書は読まない。

6 何を取りに来たのか、言おうとしたのかよく忘れる。

7 得手、不得手の差が激しい。

8 ギリギリまで手が付かず、一夜漬けが多い。

9 段取りや、物事の優先順位をつけるのが苦手。

10 気の合う人と1対1はよいが、大人数での世間話や集団行動が苦手。



(a) 人が話をしているとき、つい腰を折ってしまうことが多い。

(b) 気分や体調に波がある。感情の起伏が激しい。

(c) 新しいものや、転居や転職で気分を変えるのが好きだ。

(d) たとえ自分に不利でも、納得のいかないことはできない。

(e) 会議中など、じっと座っているのが苦手。



もしやあなたも大人のADHD↓診断結果はコチラ
http://beautystyle.jp.msn.com/healthcare/feature/1009adhd_article3.aspx?cp-documentid=4378651


日常生活に支障をきたさない程度であれば これってある意味、
持って生まれた才能らしいので うまくコントロールすればいいみたいです。

アインシュタインやモーツァルト、坂本龍馬など
秀でた才能を持つ著名人もADHDだったという説もあるしね。


私 病気かもって笑ってたら やっぱり病名がついてた(笑)
だって、めっちゃ当てはまる…。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-09-29 08:31 | 人として | Comments(0)

今日のサークル モンスター

f0089225_17115054.jpg


前回の宴会芸に続き、今回もマジックシリーズ。
  ↑
(外出先でも大変役に立ったと感謝されました♪)


◆本日のマジック◆

7年前、マーブルズでM先生がレッスンの時に披露して下さったネタ。
T生も出張おはなし会でつかっていらっしゃいましたし
サークルオフ会でもYちゃんがやって話題になった
有名な「紙皿マジック」です。


絵本「GO AWAY BIG GREEN MONSTER!」を読んだあとだったので

モンスターを作る男子が多数。
女の子は食べ物シリーズが多かったな。

「はらぺこあおむし」をモチーフに

紙皿3枚技で あおむし→さなぎ→ちょうちょ 

と 見事に変化させた才媛も!!!



単純だけど奥深い、何度やっても楽しいクラフトです。
今年は9月のはじめからハロウィンスイッチが入っています。


PS… 11時クラスの生徒さんのママからメールで
   「さっき、雷がすごかったら○○が自分で考えてGo away!って
   叫んでいました。」との嬉しい報告。
   2歳で意味が分かって即実践できるってすごいですね。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-09-28 17:11 | 人として | Comments(0)

運動会

f0089225_22204130.jpg


小学校最後の運動会でした。 

あまり意識してなかったのに周りから「最後ですね!」って
何度も言われているうちに、おセンチな気分になり
入場行進を見ただけで涙ぐむ単純な私。


雨天順延で平日開催の年
病気で出られなかった年
熱中症で倒れそうな猛暑の年
震えるほど寒かった年

いろいろな運動会を経験しましたが
今年は、これ以上ないぐらい最高の運動会日和でした。

(私の知る限りでは)怪我人も病人も出なかった様子。

先生方の恒例・お揃いダジャレTシャツも健在。←今年は緑色!

今年は未就学児競技が加わって
卒業生も大勢来ていて
賑やかでした。


3月にお引越ししたAちゃんとKちゃんも駆けつけてくれました♪


前日準備では、いままでPTA役員がやっていたことも
高学年の子たちが きびきび働いてくれて

撤収のときは、積極的に卒業生も手伝ってくれて
男女共 本当に いい子達だなぁって感動。

ほとんどが のすけが行く予定の中学の子達だったので
「来年行くのでよろしくね~」とお願いしました。

f0089225_2251722.jpg


保護者の皆様 お弁当作り・声援・撮影 お疲れ様でした。
先生方、役員の皆様 大成功おめでとうございます。
本当にお疲れ様でした。

f0089225_22503064.jpg

運動会前日、筑前煮用のごぼうを買い忘れた! と言ったら
のすけが「ボクが買ってきてあげる」と ついでに花束まで買ってきてくれました。
(ゴボウのお金しか渡していなかったので 花束は自分のおこづかいで)
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-09-26 22:20 | 母として | Comments(0)

伝わらないか・・・



ある方(Tさん)からお電話。


ねぇねぇ、びんちゃん、突然ごめんね。 YAの曲でさぁ、
 ♪えーえーえーえ、えーえーえーえ、らーらーらららっ♪
ってやつ分かる?


私「うん、分かる!」

T「なんて曲?」

私「知らない」



私「あっ、そうだ! Mちゃんなら超詳しいから聞いてみたら?」

T「わたし、Mちゃんのこと知らないもの…」

私「紹介するよ♪」


T「…びんちゃん、でもさ、そのMちゃん紹介してもらってもさ、
  メールじゃ説明できないじゃん。」

私「ぎゃははは。そういえばそうだよねぇ。」

T「たとえ電話でも【はじめまして】でいきなり歌いだすのも変だよ。」

私「歌詞わかんなくて えーえーえーえ だもんねぇ。」




昔、レコード屋さんで 必死で歌ったのに
伝わらなかった切ない記憶がよみがえりました。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-09-24 09:14 | 人として | Comments(0)

パンダバスに遭遇!

f0089225_20213190.jpg


昨日、浅草の路上でびっくり!

「いやーん、初めて見た! 嬉しい!!」って
そばにいた知らないおじさんに話しかけちゃった。


屋根の上にハンドルがついてんの!


無料巡回バスだそうです。

思わず乗り込みそうになりました。

http://www.tctv.ne.jp/imado-8/A35_1.htm
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-09-22 20:21 | 人として | Comments(0)

ポーコポット

今日の自宅レッスン。

「アロマ芳香ポット」を作りました。

殺菌
虫除け
気分爽快
リラックス

置く場所や使う人、目的に合わせて精油を選んでね。

f0089225_20151842.jpg


取り扱い説明書を自分で書いて
ラッピングした袋には


f0089225_2045180.jpg

「ポーコポット」だって。



面白いので そのままに。



お母様 大ウケ。



他に、ざざざーっと 食育、歴史、算数、英語の復習をやりました。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-09-22 20:04 | 母として | Comments(0)

子育てに一番必要なこと



森の声さんのブログより↓抜粋
-------------------------------

お母さん達はみんな一生懸命に子育てをしています。
その子育ての苦しさは、
一日中子どもと関わっているお母さんでないと分かりません。

お母さんがどんなに頑張っても、子どもはそれに応じてくれません。
追えば逃げるし、逃げれば追ってきます。

片づけたらすぐに散らかし、また片づけたらすぐに散らかします。
それが一日中繰り返されます。

夜帰ってきたご主人はその繰り返しを知らないので、
「少しぐらい片づけろよ」とのんきに言います。


 お母さんが何にもしていない時には一人で遊んでいるのに、
お母さんが何かを始めるとまとわりついてきます。

だだをこねて欲しくない時に限ってだだをこね、
静かにして欲しい時に限って騒ぎます。

子どもは常に「無い物ねだり」をするあまのじゃくなんです。
時と場所を選ばずいつもお母さんの「限界」を試そうとしています。


 でも、だからといってお母さんがイライラしていたり、
辛そうにしていると、子どもは不安になります。

それが続けば感情表現も苦手になります。

感情表現能力は感情を受け止めてくれる人がいて
初めて育つものだからです。

その結果、集団の中に入ることも苦手になります。
不安が強い子は集団の中に入ることが出来ないのです。

相手の感情を感じることが出来ないので誤解やトラブルが発生します。
そのことがまた、お母さんを苦しめます。


このような「苦しい子育て」をしているお母さんはいっぱいいます。


子育てで一番必要なのは
「知識」や、「我慢」や、「努力」や、「犠牲」ではないのです。
「しつけ」ですらありません。

そんなものなくても子どもはちゃんと育つのです。


その時、子どもが一番欲しいのは「お母さんの笑顔」なんです。
(家族の笑顔も含みます。)


 つまり、お母さんが子育てを頑張らなくても、いつでも笑顔なら
子どもは周囲の状況に合わせてそれなりに育ってしまう
ということです。

なぜなら、子どもはオッパイを飲むように、
お母さんのエネルギーを吸って成長しているからです。


 その時、どんな子育てをしているのかなどということは二の次です。

○○教育をしていようと、○○育児をしていようと、
どんなに育児書をいっぱい読んでいようと、
お母さんに笑顔がないと

子どもは成長するエネルギーが弱くなってしまうのです。

 実は、生命を育てるために必要な智恵は、
生命そのものの中にあるのです。

そしてそれは全ての人が共通に持っている能力です。


ですから、

学校になど行ったことがない人でも、
文字を読めない人でも、
子育て関係の本など読んだことがない人でも、
素敵な子育てをしている人はいっぱいいるのです。


まずそこをしっかりと押さえておくべきです。


特に知識をいっぱい持っている高学歴の人ほど、
子育てに苦しんでいる人が多いような気がします。

また、小さい時からいっぱい勉強しているのに、
仲間作りも苦手で、精神的に幼く、依存心ばかり強くて
自立できない若者たちも増えてきています。


 私たちは、知識が増えることで
感覚やからだが感じている世界を否定するようになりました。

知識によって作られた理想に合わせて子どもを育てようとしています。

その結果、ありのままの子どもを肯定することが出来なくなり、
「出来ていないこと」ばかりが気になるようになってしまったのです。


 実は、子どもは何も特別な教育などしなくても、
周囲の大人が自分の成長を喜んでくれているなら、
もっと成長したいと思うように出来ているのです。

それが生命の智恵です。

そして、「肯定されている自分」を感じ、
どんどん外の世界に向かって自分の世界を広げていくのです。


-----------------------抜粋終わり-----------


ニコニコママ…あっこさんがいつも口をすっぱくして言っていることだよね。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-09-21 21:56 | 母として | Comments(0)

一日だけ幸せでいたければ




一日だけ幸せでいたければ 

    床屋へ行け


一週間だけ幸せでいたければ

    車を買え


一ヶ月だけ幸せでいたければ

    結婚しろ


一年だけ幸せでいたければ

    家を買え


一生 幸せでいたければ







    正直に生きろ







---------------------------------------


 蕎麦屋さんで見つけました。

強引ではありますが 妙に説得力があったりする。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-09-21 16:17 | 人として | Comments(0)

田舎のバカ息子?

f0089225_5424286.jpg


連休最終日 お彼岸帰省しました。    

義母の栗ごはんを食べに。じゃなくて それぞれの実家にお線香をあげに。
今年も拾いたての栗で1升半の栗ご飯を炊きました。

f0089225_632240.jpg

コツを教わったので記録のために書いておきます。

------------------------------------

●栗のゆでかた

・みょうばんを入れると鮮やかな黄色が持続する。
•湯の中に2~3時間つけておくと、鬼皮が柔らかくなってむきやすい。
•調理法によっては、少し固めにゆでてからむくとむきやすい。
•軽くゆでてから、いったん冷凍する。それを少し解凍したところでむく
と渋皮もきれいに取れる。
•新しい栗は熱湯に約10分間つけてから、鬼皮、渋皮を一緒にむく。


●栗の保存方法

•約2リットルの水を75度~80度まで温め、
それ以上湯の温度が上がらない状態で(あまりさがってもいけない)

栗を1キログラム入れ、1分間浸してすぐ引き上げ、
しばらく陰干ししてから表面が 乾燥しないように砂、
またはおがくず(外材のものはだめ)あるいはナイロン袋に
少し穴を開けたものに入れて保存する。

ナイロン袋のものは冷蔵庫に入れておくとなおよい。

•鬼皮だけむいて、ゆで栗の半分くらいの仕上がりにゆで、
冷凍しておく。
あとは要るだけ出して使う。

•皮付きのまま食べられる状態までゆでて、冷凍しておく。
取り出して4~5分して2つ切りにしてギュッと押すと
実がコロッととれる。

料理に使ったり、そのまま食べておいしい。

-------------------------------

新米の発送作業も手伝いましたよ。
トータル 240キロ分 宛名書きしました。

持ち上げたりするのは男子の役目。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-09-21 05:42 | 母として | Comments(0)