<   2013年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

父にささげます。

「人であふれた駐車場」
Facebook 美樹さんよりシェア

f0089225_9395214.jpg


100mほど離れたところに駐車場があり、そこにいつも車を停めていました。
その駐車場には、いつでも元気で明るい、
60歳を過ぎたばかりの管理人のおじさんが働いていました。

年齢に似合わずシャキシャキとした行動で、手際よく仕事をこなします。

毎日のように顔を合わせていましたが、
いつもおじさんは明るい笑顔で挨拶をしてくれました。

「おはようございます!今日も天気で、いい一日ですね!」

以前は大手企業で働いていたそうです。
その会社を定年になって退社し、家が近くにあるというだけの理由で、
駐車場の管理人の仕事を始めたということでした。

ある朝、急に雨が降ってきました。
その時、傘を忘れたことに気がつきました。

駐車場について、車から出ることもできずに、どうしたものかと考えていたところに、
管理人のおじさんが走りよってきました。

「傘、忘れたんじゃない?
ちょうど、今降り出したばかりだから。
これ、持っていきなよ」

といって、自分の持っている傘を差しだしてくれたのです。

「でも、これっておじさんの傘じゃないの?」

「私のことを気にすることはありませんよ。
とにかく持っていってください」

自分の傘をお客さんに渡して、自分は濡れて帰ってもいい。
普通はなかなかそんな風に考えることはできないと思います。

管理人のおじさんは、いつもこんな調子で自分のことよりも、
お客さんのことばかり考えてくれるような人でした。

その駐車場はいつも満車の状態でした。

他の管理人さんは、満車になると小さな管理人室で本を読んだりしていましたが、
そのおじさんは、駐車場の前に立って、申し訳なさそうに、

「満車です、申し訳ありません」

と深々と頭を下げて謝っているのです。
中には、苦言を呈する人もいます。
でも、必ずその車が見えなくなるまで、深々と頭を下げ続けていました。

「何も、あそこまでしなくてもいいのに・・・」と思っていました。


そんなある日、いつものように車を停めようとしたとき、
いつもの違う表情でおじさんはやってきました。

「実は、今週いっぱいで仕事をやめることにしました。
妻が、肺を患っていて、空気のきれいなところでのんびり暮らすことにしたんですよ。
いろいろお世話になりました・・・」

お世話になったのはこっちのほうですよ、と何ともいえぬ寂しさを覚えました。
今日が最後という日、
ちょっとした感謝の気持ちで、おじさんにてみやげを持っていくことにしました。

そして、駐車場に着いたとき、信じられないような光景を目にしたのです。

小さなプレハブの管理人室には、
色とりどりの花束がいっぱいに積上げられていて、
中がまったく見えません。

さらに、管理人室の横には、置ききれなくなったプレゼントが
たくさん積み重ねられています。
それは2列にもなって。

駐車場は、たくさんの人でごった返し、感謝の声が聴こえてきます。

「いつも傘を貸してくれてありがとう」

「あのとき、重い荷物を運んでくれて助かりました」

「おじさんに、挨拶の大切さを教えていただきました」

次々と写真を撮り、握手をして、感謝の言葉を告げています。
最後の列にならんでおじさんと話す機会を持ちました。
「おじさんには感謝しています。
おかげで、毎日気持ちよく仕事を始めることが出来ました。
いなくなってしまうなんて残念です・・・」

「いいえ、私は何もしていませんよ。
私にできることは、挨拶することと謝ることくらいですから。
でも、
いつも自分がやっている仕事を楽しみたい、
そう思っているだけなんです」




仕事が面白いかどうかを、
その仕事の内容に期待すると裏切られてしまうでしょう。

面白い仕事もつまらない仕事もないからです。

つまらない仕事なんてない。

仕事に関わる人の姿勢が仕事を面白くしたり、つまらなくしてるに過ぎない。

仕事の最後の日、自分がこれまで
どのように仕事に関わってきたかを、まわりの人が教えてくれます。
その時に得られる最高のもの、

それは人と人とのつながりの中でうまれる感動です。
(福島 正伸)
[PR]
by ShinobuYuhara | 2013-02-28 09:40 | 娘として | Comments(0)

都道府県かるた中

f0089225_1635866.jpg


一生懸命で かわいいな~。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2013-02-27 16:03 | Comments(0)

今ここを真剣に生きていますか?

f0089225_0201073.jpg


「今ここを真剣に生きていますか?」 長谷部葉子著  講談社

(メモ)

◆まえがき

時間には限りがあります。
当たり前のことですが、その限りは命の「終わり」という形で必ず訪れます。

人は生まれた瞬間から「死」に向けて歩き始めます。
ゴールは「死」です。

これだけは「公平」に、どうしようもないほど「平等」に訪れます。
これだけは「確定」しており「保証」されていることです。

ただ 予想できないのは、それが「いつなのか」ということです。
そして大切なのは その終わりを「どのように迎えるか」
ではないでしょうか。

★まず「終わり」は、決して自分で決めて「終わらせてはいけない」
ということ。「終わり」は待つものであるということ。

そのためには。「今」「ここ」をどれほど真剣に「生きているか」
ということ。


◆第一章 迷いから抜け出す

「おいしい食事をつくる」

「おいしい食事」がつくれる人の多くは、社会から求められ、
いろいろな人の中で「やりたいこと」「やるべきこと」に
出会うチャンスに恵まれます。

相手が喜ぶもの、ほんとうに必要としているものを理解できる人だから。
自分が大切にされていることを知っていて感謝できる人だから。

★誰かを大切にすることに喜びを見出せる人は、社会からも大切にされます。

★人、そして自分と向き合う力こそ、あなたが社会で行きぬく力=社会力なのです。


「ホームを整える」

★自分の家の居心地をよくできない人に、人の家の居心地をよくすることは
できません。

★自分を幸せに出来ない人が人を幸せにはできません。

本気で社会貢献したいと考えたとき、まず自分の住居をきれいにし、
整え、栄養バランスのとれた美味しい食事を用意することから。

社会の最小単位は「家」なのだから。


「生活リズムを整える」

「悩み」や「迷い」から抜け出したければ、考えるより先に
まずは生活のリズムを整えてください。


◆第二章 夢を見つける

ときには「世間」の声に耳を塞ぐ

★本当の社会性とは、ありのままの自分で、人と向き合うことができる力。

実際に社会に出れば、平均化された人間が必要とされないことは
すぐにわかる。


「世間」の声に価値はない

「自分の言葉」をもつ

毎日お母さんに作ってもらうお弁当の中身を説明するようになってから
飛躍的に国語力が伸びた女の子の話。

「自分の言葉」で話せるようになれば、社会に出てから、
それがあなたの強みになります。


「夢」は明日叶えるもの

「自分の言葉」で話すためにはさまざまな経験をする必要がある。
「勉強」だけをしていると 知識や情報は誰かのものなのに
自分のものだと勘違いしてしまう。

「将来の夢は?」と聞くと具体的に答えられない。
(なにかクリエイティブな仕事がしたい など壮大であいまい)
それは夢じゃなくて大志 
大志を持っているといくらでも自分に言い訳ができてしまう。


「やりたいこと」の見つけ方
「やりたくないこと」「嫌いなこと」を全て書き出してみる。

★役割のない舞台にしがみつかない

人生は短く、ときには走り去る
「やりたいことの本質」=「限りある人生でこれだけは手に入れたいと
願うもの」

先送りにしない


◆第三章 真のコミュニケーション

「受け止める力」を身につける

なじむために同化する
自分を家具だと思う

★受け止める力=相手のフィールドに入ることを許してもらえる能力

人間関係の入り口をつくる、とても効果的な方法です。


相手と仲良くなりたければ 心地よいオープンスペースをつくる
(他人が入れるスペースを自分につくる)


「正しく発信する力」を身につける

「お互いにとって学びがあり、面白い関係」を提案することが
コミュニケーションの肝。

正しい発信力を身に着ければ、どんな交渉ごとでもスムーズに進められる。
社会に出たときに、この力ほど、あなたを自由に羽ばたかせてくれるものは
ないでしょう。


もっと議論していい

★相手を尊重しながら本音をぶつけ合うのが理想的な議論。



「導く力」で自分も大きくなる

仕事で利益を出し続けるには、後に続く人を育てることが必要です。
ピア・ティーチング(模擬指導)


人間関係をあきらめない

ただありのまま向き合うこと そして 
ありのままの相手を受け入れられるまで、その関係を継続すること。
相手の下へ戻り続けること、訪ね続けることが必要です。

★ほんとうの仲間や友人は、そうやって手に入れるもの。


孤独な時間をつくる

「自分」のなかの「自分」のケアは、いったい誰がしているのでしょう?
「自分」の声が聞けるのは「自分」だけ。

孤独=自分をケアする時間

★あなた自身が粗末に扱っているあなたと誰が親しくなりたいと
 思うでしょうか?


「交流筋」を鍛える
(適度な負荷と継続)


負け癖をつけない


◆第四章 夢を叶えるために

覚悟を口にする

失敗の数だけ成功のありかは鮮明になる

★いちばん身近な異文化コミュニケーションの場は、海外ではなく「世代」
です。できるだけ違う世代の人と積極的に関わって相手をうまくやっていく
ことを試みるのは「成功」を実現するための秘訣中のヒケツです。


自分自身のトレーナーになる

保障を捨てる

がむしゃらにやりつくす

続けるのがラクなものが「適職」
★「好きなもの」の中から「発想が枯れそうにないもの」を選ぶのがベスト。


夢を「固定化」しない
イメージを固定化すると、選択できる幅や可能性を自ら狭めてしまうことに

「縁」を信じる
その縁に乗ってみる


★いい家庭をつくる
「賢く、生命力の強い子供を育てる」
あなたはどんなことでもできる


貫き通せる楽しさを知っている人=いつか社会で重要な役割を与えられる


◆第五章 社会貢献という隠れ家

「社会貢献」という幻想は捨てる
謙虚な気持ちを忘れない
ツアーボランティアに意味はない
自分探しの名目でボランティアを行う人は押し売りをしているのと同じ。

★身近な人の苦しみに目を向ける

社会貢献の意味を知る
きれいごとでは成り立たない

お金を毛嫌いする人は、ボランティアや社会貢献を美化しすぎて
ものごとを動かす「仕組み」の本質を見ていない

継続すること
「ただ体験する」ことの無責任さ

以上


メモのはずが結局 異様に長くなってしまいました。
ここまで読んでくださったあなたは素晴らしい。
ありがとうございます。


http://www.amazon.co.jp/%E4%BB%8A%E3%80%81%E3%81%93%E3%81%93%E3%82%92%E7%9C%9F%E5%89%A3%E3%81%AB%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B-%E3%82%84%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A4%E3%81%91%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%B8-%E9%95%B7%E8%B0%B7%E9%83%A8-%E8%91%89%E5%AD%90/dp/4062178435
[PR]
by ShinobuYuhara | 2013-02-27 00:20 | 人として | Comments(0)

いらっしゃいませんか?

f0089225_2126044.jpg

[PR]
by ShinobuYuhara | 2013-02-26 21:26 | 人として | Comments(0)

羽田なぅ

f0089225_1831183.jpg

[PR]
by ShinobuYuhara | 2013-02-24 18:03 | 人として | Comments(0)

強育論


f0089225_11474798.jpg

メカちゃんから借りた本「強育論」
http://www.amazon.co.jp/%E5%BC%B7%E8%82%B2%E8%AB%96-The-art-teaching-without-teaching/dp/4887593023

返却する前に、メモ。



◆まえがき から抜粋

【勉強】と【学習】の違い。

中学受験の失敗の原因=やらせ過ぎ

小3から塾に通い、家庭教師もつけ、毎晩夜中まで勉強したのに
受けた学校に全部落ちた・・・

そんな生活をしているから落ちるのです。

そもそも、中学入試を目標に置いていること自体が間違い。
学校は 強い人間として成長するために必要なのだ。

子どもの生命力をすり減らすような勉強はやめましょう。


◆第一章

・最悪の子育ての結末とは?
 自立の芽をつんではいけない。

・優秀児(お利口なワンちゃん)の壊れ方 
 子供を親が見栄を張る道具にしてはいけない。
 優秀とレッテルを貼られた時点で=大人の顔色を窺うのが上手い子

・親バカとバカ親
 しつけと教育は違う

・睡眠時間を絶対に削ってはならない。睡眠・食事・運動が先。


◆第二章

・向かい風を送る。
 追い風(小言)は効かない。(× ヤル気がないならやめなさい)
 子どもの生命力を低下させるような環境を作っている親。

・誰のための学習か? 親自身の不安を解消するためではないのか?
  学習は本能 食欲が沸くよう工夫するみたいにできるはず。
  (お腹が空くまで待つ。無理強いしない。必要な分量を把握する。)

・家庭は安らぐ場

 よその子を引き合いに出してわが子をなじるのは
 天に向かって唾を吐くのと同じ。自分の遺伝子でしょう?

 わが子をよその子と比較する結末は・・・どんどん人格が歪む

  × 産んでやったんだから感謝しろ
  × 育ててやったんだから感謝しろ
  ・親こそ子供に感謝すべき。

  ・言い訳するな。 
  ・子どもの悪口=自分を否定すること

  「いまから死ぬ気になってやれば」
  「今日から心を入れ替えて」
   など、命の大安売りのようなセリフを軽々しく口にする人はダメ。

  ・優しさより強さを
  (弱い人間ほど自分を強くみせようとする)

  ・相手が負担を感じるような親切は親切ではない


◆第三章

・学習に王道はあるか?
 効率を追うことが非効率

・姑の究極の禁句
 結果を求めることをあせると全てが壊れる

・どうやって勉強していいか分かりません というのは
 どうやって生きていけばいいのか 分かりませんというのと同じ。

・いつも心に「?」を。 疑>信  苦>楽 
 
・内なる心の声に耳を傾けよ
 どうしても というときは消去法で。

・重要なのは堪え性
 親が特別余計なことをしなければ たいていうまくいく。

・達成感と充足感は違う

・伸びる=頭を使い続けること 考えること
 (問題が解けるとか解説が理解できることではない) 


・筋力と学力
 正しい学習のやりかた(筋トレと同じ 適度な負荷と休息・栄養)


◆第四章

・頭のよくなる学習法 わるくなる学習法

・成功に理由はない 失敗には明確な理由がある

・魔の時間帯

・自分の欠点や弱点を直視する勇気を持ちましょう。

・努力はつらいのか? →努力の見返りは成功ではなく成長。

・「得手不得手」と「向き不向き」は一致しない。
  肝心なのは集中力の持続のみ。

・入試本番に弱い子・強い子
 
 本番に弱い子は真面目に生きていない
 強い子は普段から全力で戦っている子 
 真価が問われる


・生きるための学力
 得点力と学力は異なる
 
・大手進学塾の開始時期が年々早まっている理由

・試行錯誤型学習 VS 手順暗記型学習

・模擬試験の合否判定が約に立たない理由

・テストと宿題に追われる生活を子どもにさせてはいけません
 (学力が身につきません)


・善意は正義か?
 (うさぎを死なせた女の子の話)

・よい授業とは? よい先生とは?
  冷血先生>熱血先生>流血先生>明るい優しい先生

・子どもの伸びようとする力を信じよう


以上


タイトルにちょっとおまけをつけただけなのに
長くなってしまった。(汗)

今まで学んできたことと とても結びつくので
うなづきながら読みました。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2013-02-24 11:48 | 人として | Comments(0)

イマジン


ジョンレモン 

f0089225_9565512.jpg



http://store.shopping.yahoo.co.jp/rinky/dr980398.html

アロマのお客様が 携帯のストラップにつけてて笑った~。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2013-02-22 09:56 | 人として | Comments(2)

ひなまつり@児童館

f0089225_17564452.jpg


恒例のひなまつり@児童館 

・ゲームコーナー(魚釣り・ボーリング・射的 他)  
・バルーンアート 
・おひなさまコスプレ
・お茶席
・工作コーナー(プラ板)
・ボールプール

などの中で


・英語で親子あそび 11:30~ を担当しました。

(以下 プログラム 備忘録)

1 Hello song & dance
2 ABC フォニックス song
3 お天気 song & dance
4 足指マッサージ song &絵本
5 Colors song
6 おせんたく song 親子遊び
7 パペット登場
8 読み聞かせ 絵本 A Teddy Bear
9 Body parts song 手遊び歌 One little Finger

以上

f0089225_18214157.jpg

職員以外の全員が地域ボランティア。
入場無料のイベントです。

今年は50組ぐらいの親子が来場しました。

私も自分の出番の後は、お抹茶と和菓子をいただきました。
美味しかった~けど、足しびれた~。(^^;)

f0089225_1822888.jpg


イベントでしか顔を合わせないボランティアスタッフですが
YAボラとはまた違った雰囲気です。


ライフワークにしたいことのひとつです。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2013-02-21 17:56 | 人として | Comments(0)

生徒さんが作ったくじ。私が引いたメッセージは…。

f0089225_1943657.jpg

[PR]
by ShinobuYuhara | 2013-02-20 19:43 | 人として | Comments(0)

今日のサークル 雪の結晶

f0089225_13484299.jpg


雪の結晶を工作で作って、会場の外に出たら雪が降ってきました。
(すばるんさんから教わったクラフトです)


未就園児サークルの時は、ある程度下準備しておきます。

(幼稚園児には少し手伝ったりします。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
小学生には、完成品を見せるだけ。

必要な材料や道具を考えるところからやってもらいました。

当然 失敗もするので
(一発でできる子はほとんどいません) 

「いくらでも折り紙はあるから恐れずに大いに失敗しなさい。
人生は何度でもやり直せる。」

とか えらそうに挟みつつ最後まで自力で作らせました。

(日頃 折り紙を下さった マイミクさん達 ありがとうございました)

家に帰って狂ったように量産したという子もいました。(笑)
それを自分のブログにUPしてくださったお母様も。

2分の1  4分の1  6分の1 という分数の感覚も分かりますし
空間認識、図形のセンスも身につきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すばるんさんから教わった時は(わー、難しそう)って思いましたが
こんなに みんなが夢中になって作ってくれて嬉しかったです。


透明な手提げ袋に入れて そーっと持ち帰ってね。

f0089225_14131016.jpg


絵本は 美和さんから教わった「はやくはやくっていわないで」
それにBGMをつけた新作のコンサートリーディングを初披露。

最後までじっと聞いていられました。

「よくぞ いってくれた」って感じで2歳児も拍手(笑)


児童館や小学校の読み聞かせでもやってみようかな。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2013-02-19 13:48 | 人として | Comments(2)