<   2014年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

お礼参り

f0089225_1432052.jpg


3月31日

お花見を兼ねて、自転車2台で息子と柴又帝釈天にお礼参りに行ってきました。

葛飾区内のあちこちの桜のトンネルをくぐりぬけ、息子が生まれた産院とか
昔住んでた柴又の家とか、遊んでた場所とか、寄り道しながら到着。

お参りして、受験のお守りを納めて来ました。

どの桜も満開で、綺麗でした~。



そして


「医療証」が使えるラストデーなので 病院へ。
(葛飾区は医療費が15歳までは無料)

卒業式が終わってから、歯科とか 皮膚科とか 内科とか 
行きまくって身体の総点検をしていただきました。

みんな同じことを考えているようで待合室で同級生に遭遇。

悪いとこ、今のうちに治してもらおうと思ったら
どこも悪いところはないそうで。


そして そして


「増税前のラストチャンス!」の声にあおられて
食料品、消耗品、日用品の買い物をしまくり
なんだか 大晦日みたいな1日でした。


昨日の大混雑がウソのように、今日は商店街も静か。

アロマのお客様と 桜のトンネル特等席にてまったりお花見ランチを楽しみました。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2014-03-31 14:03 | 母として | Comments(0)

立石の桜

f0089225_1425295.jpg

[PR]
by ShinobuYuhara | 2014-03-31 14:02 | 母として | Comments(0)

ギフターラボ2014春

f0089225_9383256.jpg


第4回 ギフターラボ に またまた参加させていただきました。
私は「アロマ」担当で、お子様方とバスボム作りをしました。

f0089225_9384049.jpg


開始前のオリエンテーションでのお話は何度聞いても響きます。
今回、心に残った言葉を簡単に記録しておきます。

ーーーーーーーーーーーーー

いわゆる発達障碍を持つ集団生活が苦手なお子様方の

  ・得意な分野を見つけ 伸ばす だけでなく
★ ・苦手な分野を発見し 【助けてもらう方法を学ぶ】

そして

[才能は深掘が必要]だといわれているが

ギフターラボでは 多様な体験 × メンターにより
創造性をバックアップするお手伝いをする。

★お手本のない世界(実社会)で自ら当たりをつけて進む力
を獲得することができれば、

将来なんとかなる!


大事なのは

★自主性を引き出す水たまりに自分から入っていくのを見守る。

★決して押さないこと。
(押すと逆にトラウマになることもある)

視覚優位の子が多い。

まず、

1、ゴール(完成型)を見せる。
2、おおまかな流れを説明する。
3、いきなり始めず、緊張をほぐす。
4、small stepで勧める。
5、そのつど褒めて達成感を味わってもらう
6、具体的な指示を心がける(あいまい表現はNG)

(これらは何事にも当てはまると思います)

NGワード

× 発達障碍
× ちゃんと

ーーーーーーーーーーーーーーー
f0089225_939345.jpg


テレビ東京の会議室で今回もいろんなジャンルの授業が展開されていました。
面白そうな企画ばかりでしたが自分のブースでいっぱいいっぱいでした。

ボランティアの皆さんは今回は学生だけでなく、教員の方も多く
関心の深さと子ども達に対する愛情を感じました。

f0089225_9395677.jpg

そして皆さん、魅力的で多才な人ばかり♪

私のアシスタントに入ってくださったOさんも
都内の公立小学校の特別支援学級の先生でした。

カメラも入り、子ども達のイキイキした姿が収録されました。


終了後、別室にて インタビューを受けました。

もう1人の方と2人で赤いイスに座って。

カメラが回って、マイクを向けられる中
簡潔にしゃべるという体験は
楽しかったです。


お子さんと一緒に参加してくださった Kさん
悪天候の中、ありがとうございました。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2014-03-31 09:39 | 人として | Comments(0)

たからもの

f0089225_2134032.jpg


年少さんRちゃんからのラブレター。
せんせい、うれしいな。
ありがとう。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2014-03-29 21:34 | 人として | Comments(0)

ざうお

f0089225_21162617.jpg


実家の両親が、合格祝いに来てくれたので、近所の「ざうお」に行きました。

お店全体が海に浮かぶ釣り船のような形で、自分の席から
巨大な「いけす」に釣竿を垂らし、釣った魚をその場で
好きなように調理してくれるというお店です。

かなり時間がかかりましたが、 のすけが 小エビで真鯛を釣りました。

f0089225_2053370.jpg


まさに「エビでタイを釣る」

釣れた時の店員さんの「コール」が、テレビでよく観るホストクラブの
「ドンペリ入りましたぁ」みたいなノリで楽しかったです。

ビッチビチ暴れる活きのいい鯛を
早速美しいお造りにしてもらい
あっという間に完食。

f0089225_2115518.jpg


身が締まってて美味しかった~。

春休みで子供連れが多かったです。

他の人が釣れても嬉しくて
一緒に「コール」。
拍手。

陽気で めでタイお店です。

http://r.gnavi.co.jp/g881501/?fb_action_ids=10203653853490549&fb_action_types=og.likes&fb_source=feed_opengraph&action_object_map=%7B%2210203653853490549%22%3A10150308237772222%7D&action_type_map=%7B%2210203653853490549%22%3A%22og.likes%22%7D&action_ref_map=%5B%5D
[PR]
by ShinobuYuhara | 2014-03-29 20:53 | 娘として | Comments(0)

いまどきの表現?

映画「アナと雪の女王」(字幕版)を観たら
いまどきの表現?がいっぱい使われていて勉強になりました。

たとえば

You are beautiful.と、ほめられたアナがエルサに
「You are beautifuller!!」って間違った比較級を使ってみたり。

あとから(I mean more beautiful.)って言い直してたけど。


クリストフが山小屋で歌う「♪Reindeers Are Better Than People」

トナカイって複数形にS つかないよね?
複数形も単数形も同じだよね?

って 気になって気になって気になってしまいました。

のすけが買ったサントラの歌詞カード見て
「やっぱりSついてる!」って
びっくり!

タイトルに(S)ってなってたから、知っててつけたんだろうけど
わざと間違ってみるのがオシャレ?なんだろうか?


英語習ってる子が聞いたら戸惑っちゃう。


これをあえてレッスンで取り上げてみようかな。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2014-03-27 08:16 | 人として | Comments(0)

原宿遠足



一回目 浅草、
二回目 ソラマチに続く、
英語インタビュー企画 第三弾は

女子の憧れ「原宿 竹下通り」でした。

「買い物したい!」
「クレープ食べたい!!」
「ジャニーズショップに行きたい♪」

という下心もりもりの生徒さんたちに

「制限時間内にインタビューコンプリートすればOK!」

とハードルを上げて竹下通りに放流しました。


都内在住なのに、原宿経験者は1人だけ。
(葛飾区民は遠出しない人が多いのだ)

「お母さんから人さらいに気をつけろって言われた!」
「お金は、何箇所に分けてカバンに入れてきた!」

と治安の悪い海外旅行並みのアドバイスを受けてきた模様。

まぁ、そのぐらい警戒心があったほうが安心だよね。


竹下通りは、人・人・人の頭だらけ。

ざっと眺めて、そのうち半分ぐらいが外国人。
外国人のうち半分はアジア系、もう半分が欧米系。

日本人の大半は おのぼりさん。
もしくは、ゴスロリ系のちょっと変わった人たち。

インタビューベテランの彼女達でさえ、客引きの黒人さんたちにびびり
最初の外国人をつかまえるまでに、竹下通り3往復しました。

(※ ここ重要 助け舟を出すのをぐっと我慢)

最初のフランス人女性が、とても優しかったので勢いがついて
一時間で10組の 突撃インタビューに成功しました。


ちょっと遠巻きに眺めていたのですが
英語も通じていました。

「すみません、ちょっと質問させてもらってもいいですか?」

「私の名前は○○です。」

「どちらからいらしたのですか?」

「日本は初めてですか?」

「日本食はお好きですか?」

「何色が好きですか?」

「どんな動物が好きですか?」

ーー中略ーーーー

「この世界地図にあなたの国にシールを貼ってもらえますか?」

「ここに、サインをいただけますか?」

「一緒に写真撮ってもいいですか?」

「ありがとうございました。 よいご旅行を!」

みたいな一連の流れが 英語でスムーズにいっていました。

ーーーーーーーーーーーー

サインをもらう彼女達を私が遠くから写真を撮っていると

「きっと有名人に違いない!」 と皆が立ち止まるので面白かったです。



外国人からは、逆に取材されたり、写真撮られたりして。

ポルトガル人男性から、「日本とポルトガルの親交が深いのは何故?」と聞かれて
「それは、鎖国の間も国交があったから」とか歴史の話をしたりして。

(最近、大人英会話から遠ざかってるので単語が出てこなくて焦りました)


成功体験が保障されている大人がお膳立てした受け身のイベントと違い、
スリリングで失敗もあるけれど、数年後のオリンピックの時に、
きっと 今日の体験が、役立つと思います。


ミッション終了後は パンケーキ食べて、クレープ食べて、買い物して、
ジャニーズショップに行って、表参道ぶらついて、
KIDDY LAND ひやかして帰ってきました。


ディズニーランド並みにいっぱい歩いた歩いた楽しかった~。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2014-03-25 05:07 | 人として | Comments(0)

アタラシイジブン



高校合格と中学卒業の報告をしに帰省しました。
親戚大集合でお祝いをして頂きました。

家族揃ってお彼岸にお線香を上げに帰省するのは3年ぶり。

この三年間、息子は休みらしい休みはほとんどなく、
正月の三が日とお盆以外は毎日朝から晩まで部活でした。

お陰で中学校も気づいたら皆勤賞でした。
いつのまにか、体力も付いていたんですね。

部長として鍛えられ、精神的にも
かなり強くたくましくなりました。

みんなに感動を与えてくれた吹奏楽部ですが、
春からは、違う事をやりたいそうです。

進学先の高校の吹奏学部は全国大会の金賞レベル。
部員は100名を越すそうです。

説明会でも【休みはありません】とはっきり言われました。

音楽は大好きだけれども、吹奏学部に入ったら
犠牲にするものが多すぎる。

弟の高校生活がそうだったから容易に想像が付きます。
もっとも 弟は音楽命だったし、いまそれが仕事になっている
ぐらいだから悔いはないみたいだけど。

息子の場合は、他にもチャレンジしてみたいことがあるみたい。

いま、部活からも、受験からも開放されて
「この世の春」を謳歌している息子。

彼の希望で、家族で映画を観に行って来ました。
こんな当たり前のことすら とてもスペシャルに思えます。

http://www.youtube.com/watch?v=6Qk5Fc1Vdqk
[PR]
by ShinobuYuhara | 2014-03-24 08:41 | 母として | Comments(0)

卒業

f0089225_18435317.jpg


先週末、無事に中学校の卒業式が終わりました。

とっても いいお式でした。

小学校の卒業式は震災直後で、椅子の下にヘルメットを置いて、
式の最中も、何度も大きい余震に見舞われながらだったので
気持ちが落ち着きませんでしたが、

今回は、どっぷりと卒業の感傷に浸ることが出来ました。

泣きながら入場してきた担任の先生の姿を見て 在校生も泣いて、
卒業生も泣いて、もちろん保護者も、来賓まで泣いて・・・

自分の中学校の卒業式よりも感動したかも。


ーーーーーーーー

そして 葛飾シ●フォニーヒルズでの 「卒業を祝う会」(謝恩会)

ありがたいことに、かつてないほどの出席率とのこと

(司会なんて大役、どうしよう・・・)って思ったけれど

プロのメイクさんである卒対メンバーにメイクしてもらい
テンションも上がり、全く緊張することなく、

f0089225_18441654.jpg



しかも 合間にバクバク食べながら楽しく進行できました。

サプライズの「卒業生全員から集めたメッセージカードブック」には
先生方は「いつの間に? 全員から集めたの?」と大感激してくださり
卒対メンバーみんなで顔を見合わせて ガッツポーズ!

DVD上映会
全員で大合唱
花束、プレゼント贈呈

f0089225_1845410.jpg

と和やかに時間通りに進行しました。

担任の先生と熱いハグ、握手。

ーーーーーーーーー

そして、オープン前の新しいお店を貸しきっての2次会は
教員も保護者も入り乱れての無礼講カラオケ大会。

ソファの上に立って踊る
ジャンプする
叫ぶ。

バブル臭のするデュエット、昭和の歌謡曲からAKBまで
みんなで踊るフォーチュンクッキー他。

ふなっしーみたいなK先生に大爆笑。
異様なノリで、盛り上がった盛り上がった!

f0089225_1845595.jpg

夜中の1時まで騒いだなんて
まるで大学生みたい。

近隣のマンションの人から、
「ちょっと、うるさくて眠れないんですけど!」
ってお叱りを受けてしまいました。

朝から日付が変わるまで、長~い1日でしたが
達成感一杯で、とっても楽しかったです。


忙しかったけど、卒対やってよかったな。


ーーーーーー

翌日、ベッドから起き上がれないほどの全身筋肉痛!
YAのワークショップ3日分ぐらいの感じ。

何が起きたのかと思ったけど、
どんだけ、踊ったんだ?
[PR]
by ShinobuYuhara | 2014-03-22 18:45 | 母として | Comments(0)

ディクテーション能力




書いてある単語や文章を読める。

単語や文章を書ける。

聞いて理解できる。

音読できる。


しかし


ディクテーションできるかというと そうでもないことが判明しました。

イコールだと思ってたけどそうじゃないんだなぁ。



すごく出来る子が、

ことごとく出来なくて驚きました。



かなりショック。

でも気づいてよかった。



これからは毎回 ディクテーションを取り入れようっと。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2014-03-19 21:41 | 人として | Comments(0)