<   2015年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

シュタイナー風ワーク

f0089225_17375494.jpg

f0089225_17375474.jpg


小学生の中の8クラスでシュタイナー風のワークをやりました。
昨年夏に英国のシュタイナー学校で教わってきたものです。
6歳でも すぐ理解する子と12歳でも苦戦する子がいます。

「こういうの苦手~」と言ってる子も
全員夢中になって
取り組んでいました。


YAのボランティア フルで三日入った後の
平日毎日のレッスンはしんどかった~。

フルタイムワーカーのボランティアメンバーを
尊敬します。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2015-02-28 17:37 | 人として | Comments(0)

面白い席

f0089225_1323438.jpg


弟の定期演奏会に行って来ました。

会場に入った順番に座席指定券に引き換えるのですが、

たまたま面白い席になり、

お客さんの顔も
指揮者の顔も見える

という

ちょっと変わった角度から鑑賞できて楽しかったです。


f0089225_13234463.jpg

[PR]
by ShinobuYuhara | 2015-02-28 13:23 | Comments(0)

パステル

f0089225_9232220.jpg



和(なごみ)アートという パステル画 を体験してきました。

同じパステルでも以前習ったシュタイナーのパステル画法とは
目的も違うし、道具も技法も違うので、新鮮でした。

あっという間に2パターンの作品が完成!
(師匠と比べなければ、我ながら なかなかでございます。)

ももけない(笑)コツを始め、失敗しないポイントなども
教えてもらい、もっと 挑戦してみたくなりました。

みんなが次々とハマるの分かるわ~。

笑いと笑いと癒しの時間でした。

オプションのランチ、教材市など
盛りだくさんで楽しかった~。


ご馳走様でした。 ありがとうございました。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2015-02-27 09:23 | 人として | Comments(0)

YAボラネタ おまけ


以前 小田急新宿駅で白杖を持った若い男性が階段を探していたので
後ろからそっと腕を組んで、階段を降りるのを手助けしていたら

たまたま同じマンションのAさんに遭遇!


後日


「何も見てへんからね。 ムフフ。」 と言われ  


注 : Aさんは関西出身です。



(ああ、なにか 誤解してる・・・)と思ったものの、放置。




Aさんは 私の弟が遊びに来た時も 


小声で 「誰 誰 誰?」 と 興味深々。


 「弟です。」と言っても


 「へーーーー!(うっそーん!)」という反応。


ーーーーーーーーーーー

今回 ホストファミリーの引き合わせイベントの後、
ボランティアメンバーのMパパさんに家まで車で送ってもらいました。

車の助手席から降りて、

「今日はありがとう~。 また明日ね~!」

と 手を振って見送ったあと、視線を感じたので ふと見たら、
道の向こう側にAさんが目をまん丸にして固まっていました。

(@0@)

「あ、こんばんは。」と普通に挨拶したものの

Aさんの様子がおかしい・・・。


(ん? もしかしてまた誤解してる?)


ーーーーーーーーー

ワークショップ中、 ボランティアのMパパさんと
我が家から徒歩圏のスーパーに買出しに行きました。

ショッピングカートを押しながら

「プチトマトどれにする?」
「えっと お惣菜コーナーはどこ?」
「あ、イチゴ買い忘れた!ちょっと見てくるわ。」

なんて会話を交わす私達。


(超地元で この状況を見られたら誤解を招くよな~)


なんて、ぼんやり思ってたら 



今朝!



駐輪場でAさんに遭遇。



ニヤニヤニヤニヤ。 近づいてきて




「 見 ・ た ・ で !」  




 
アカーン!!
[PR]
by ShinobuYuhara | 2015-02-24 16:07 | 人として | Comments(0)

YAボランティア 伝え方

中学校の時、自己啓発本を読みまくっていた息子は、
私に色々な書籍を薦めてくれます。

「これ読んだほうがいいよ。」 と貸してくれた本は【伝え方が9割】

それが役立ったという話。↓

ーーーーーー

YAのワークショップは、ステージの上だけでなく、
会場のあちらこちらに移動して練習をします。

グループごとに分かれて練習して、またステージに戻ってきて
みんなで 合わせて またちらばって の繰り返し。

見学する人は、我が子に合わせて移動して見守っています。

ところが

今回 YA葛飾会場はホールの関係上、
保護者の方が見学できる場所が
限られてしまいました。


で、想定されるのが


「うちの子は 一体 いまどこにいるの?」

「せっかく来てるのに どうして 見られないの?」

「どこで何をやっているの?」

「いつ見られるの? あと何分で戻ってくるの?」

「去年は見学できたのに。」


などの質問、クレーム、お叱り・・・。



ワークショップは、子ども達の様子や習熟度に合わせて
臨機応変に対応していくため、大まかな予定しかなく
キッチリとした時間は誰にも分からないし、

場所に関してはホールの都合なんて言われても
保護者は納得しないだろうし


(何てお答えしたらいいかしらん)


咄嗟に思いついた 「ひみつ作戦」



保護者の方に近づき 

「あのですね、今回は子ども達は【ひみつのお部屋】で練習をしておりまして、
ひみつ練習が終わるまでは どうかこちらで他のクラスの様子を
見守っていただけますでしょうか。」


と 伝えると


「はぁ~そうですか~。わかりました!ありがとうございます。」


なぜか小声で(笑) あっさり納得していただけました。


(おっ♪  この言い方はいいかも)



以後 3日間、同様の質問が何度もありましたが


なんと 老若男女 100% それで通用してしまいました。



ポイントは「ここだけの話」感を出すこと。

「あなたにだけ こっそり教えます」的な雰囲気で
面と向かってじゃなくて、横に並んで。


「ひみつってなんか、本番への期待感も高まっていいね。」という
思わぬ効果も発見。(by オット)

ーーーーーーーーーーーー

「第二練習室にいます。でも見学は禁止です。申し訳ありません。」と

大きな声でアナウンスされるよりも、ずっとソフトで


お互いに


なぜか うふふ って感じになれました。



「のすけ文庫」は なかなか ためになります。


次は何を借りようかな?
[PR]
by ShinobuYuhara | 2015-02-23 13:47 | 人として | Comments(0)

YA葛飾@2015 生徒のこと


YA葛飾が無事に終わりました~。

我が子は参加せず、ホストファミリーもせず、サポートのみでしたが
うちの生徒さん達が参加してくれました。

その中のひとり、

「お母さんに勝手に申し込まれた!やりたくない。」と
直前までゴネていた中学年女子が どうなるか ドキドキでした。


「ずっと会場にいるから困ったことがあったらおいで」とは
言っていたものの

私の持ち場からはワークショップの様子が見られず
彼女のことは 気になっておりました。
 
結局 一度も来なかったから

(一応、参加はしてるんだろうな~)って思っていたら 
移動のときに たまたますれ違って
目が合った瞬間


小声で

「センセイ、たのしい・・・」と

言ってくれたので
安心して
嬉しくて

涙が出そうになりました。


すれ違うたびに ハイタッチで
「イエーイ!」と張り切っていたお調子者クンも含め
YAに参加してくれた生徒さんはどんどん増えています。

まだ 幼稚園にも行ってないサークルの子達も
ショーを観に来てくれました。

終了後、裏方だったので誰にも会えなかったけど
今週のレッスンで話を聞くのが楽しみです。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2015-02-23 12:00 | 人として | Comments(0)

ファイバークラフト

f0089225_13492698.jpg


水にぬらすとやわらかく 
乾かすとプラスチックみたいに硬くなります。

進化した和紙みたい。

6年生むけのクラフト。
みんな思い思いにいろいろ作りました。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2015-02-17 13:49 | 人として | Comments(0)

ヤングアメリカンズ 2015 足立


久々の【現場】は楽しかった~。
YA足立会場には ポジティブな気が満ち満ちていて 
いるだけで元気をもらえました。 

今週は葛飾会場、

再び みんなの笑顔いっぱいになるといいな。わくわく♪
[PR]
by ShinobuYuhara | 2015-02-16 12:00 | 人として | Comments(0)

カラーセラピー@バレンタイン

f0089225_1834154.jpg

f0089225_1834125.jpg




今週は

「本来、バレンタインデーというのは チョコを贈る日ではないのだよ。」

と、いう内容の
各種洋書絵本、紙芝居を読み、各々の大切な相手へカードを作りました。

だから、スイーツも作らないし、私からのチョコはなし。


ーーーーーーーーーーーー

中学年以上と、親子サークルでは「カラーイメージ セラピー」もやりました。

ケアエクサで教わったワークのひとつで、みんなからの
ハートをもらえたような あったかいほっこりした気持ちになれます。

そのカラーの小さな紙にメッセージカードを書いて紙皿に貼りました。

「褒めコトバでいっぱいのプレートは心が折れそうな時に
ながめて育児ふんばります」とママたち。




とはいえ 来るものは拒まずなので、
生徒さん達からのチョコはありがたくいただきました。

これまでのクッキングレッスンを見てる限り、年少・年中さんからの手作りチョコは、
絶対、鼻くそほじったり、なめたりした手でやってるに違いない!


「ただいま~、あー、ハラ減った~! これ食べていい?」 という息子には


何も言わずにおすそ分け(笑)
[PR]
by ShinobuYuhara | 2015-02-13 18:03 | 人として | Comments(0)

息子専用施術コーナー

f0089225_0543583.jpg



照明を暗くして、 BGMも流して 本気でアロマ マッサージ。

反抗期もとけて なくなります。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2015-02-12 00:54 | 母として | Comments(0)