おかあさん あのね えっとね

幼児さんは おしゃべりが大好き。

「おかあさん、あのね、えっとね、あのね、あのね・・・」

知っている言葉の中から自分の気持ちが伝わるものを
必死で探している姿は本当にかわいい。

「もう、なんなの? ちょっと待ってて!」

「はやく言ってよ!」

「あとでね!」

忙しいときは つい 途中でさえぎってしまいがち。
心当たり ありませんか?




1分間 





いえ、20秒でいいから 待ってあげて下さい。



それも 上から子供を見下ろすのではなく
しゃがんで目線を合わせて手を触れながら。


それだけで
子供は
もう


自分を受け入れてもらった安堵感に包まれるのです。



「うざ」
「キモ」
「別に」
「ふつー」

これは 反抗期でも 何でも ありません。
今の子は 語彙が少ない? そんなことありません。
昔の子より よっぽど知識も豊富です。

そうしてもらえなかった子なんです。

手遅れということはありません。
大人同士だって同じこと。


今から実践してみて下さい。



(以上 私が学んでいることを 私なりの言葉で綴ってみました)
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-05-25 01:31 | 母として | Comments(4)

鮎の塩焼き

ドタバタと目が回りそうな日々ですが、火曜日はホッと一息つける時間があります。
自分の勉強のための学校 3時間弱の授業。

結局 朝早く家を出て電車に乗って・・・は同じなんだけど 
毎回の課題レポートを スーパーのフードコートで書いていたり
早く読まなくてはいけない資料 30冊のうち まだ1冊も読んでないけど
なぜだか周りを見渡す心の余裕があります。

仕事で都心を回っているときには見えなかった 大勢のサラリーマン諸君。
きっと君らの家には愛する妻やかわいい子供がいるんだよね。

うちのパパも外で頑張ってるんだ。

家を綺麗にして、笑顔で「お帰りなさい」してあげよう。
今夜はパパの好きなおかずにしてあげよう。


(自戒を込めて 書いております。へへ。)
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-05-23 15:38 | 妻として | Comments(2)

運動会

今年は PTA本部役員だから 普通の人よりず~っと早く学校に行くため
すごい勢いで支度しました。
危うく、日焼け止めで歯を磨くところでした。

お弁当も 3人バラバラに食べることになるので せめて中身はお揃いに♪
とアンパンマン&バイキンマン弁当を作りました。

f0089225_17283220.jpg


私は「当日来校者の受付」でしたが、実に色々な人がやってきました。
どんなご質問にも 迅速に 笑顔で対応。

本日一番のヒットはこの方↓

来校者「あの~、ドラちゃんのお母さんから誘われてきたんだけど」

私「そうですか~。ドラちゃんは 何年何組のお子さんですか?」


来校者「あらやだ。ドラちゃんは【犬】よぉ!」



私「いぬ・・・。」



(2000人近い 人の中から犬母の居所までは ちょっと・・・)と言いかけたところに

先輩「もしかして、○丁目の□□さんでしょうか?」

来校者「そうそう!□□さん!」

先輩「□□さんでしたら ○年○組です。」

来校者「ありがとう!」

私「ほおぉ~」




PTA役員って 保護者の犬まで把握してるのかっ?
おそるべし。
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-05-21 17:28 | Comments(4)

虹の根元には

最近、天気予報が当たらないらしいですが、今日も変なお天気でした。 
晴れてたと思ったら突然 空が暗くなり ものすごい 土砂降り。
大量の洗濯物を 出したり しまったり 母は大忙し。

  そんなことも忘れるほど 大きくて綺麗な虹がかかりました。
f0089225_22305230.jpg


こういう時、この喜びを 無性に誰かにシェアしたくなりませんか?

私は、以前「虹が出てるよ」と教えてくれたMちゃんにメールをしました。
他の人にも教えなくちゃ!・・・と携帯をいじっているうちにみるみる消えてしまいました。

去年の春も それはそれは見事な虹が 全く同じ場所にかかりました。
虹の根元は、ちょうど真澄師匠のお家の辺り。(我が家から見えるのです。)
それはMP2005の公演直前のこと。
公演の大成功を暗示するような虹に 
嬉しくなって思わず真澄先生ンちに電話をかけちゃいました。

タイミング良く、ご本人が電話をとり、「えっ?うっそー!」
と外に出てくださったらしいのですが虹の根元からは見えないみたいでした。

また いいことがあるといいな。
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-05-20 22:30 | 人として | Comments(2)

本物はどれだ?

f0089225_18411540.jpg

                      本物の喫茶店?

かっぱ橋 商店街には サンプルショップが わんさかあって 
ガラスケースにサンプルが陳列されていたりするものだから
どこが本物のレストランなのか素人は混乱します。

で、

あの看板なのでしょう。本物のお店のほうが しょぼい感じがいいですね。

「冷たいおいものどらやき と コーヒーセット」(一番下のメニュー)

って 美味しいのかな?

不安・・・。

結局スタバにした 小心者の私です。
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-05-19 18:41 | 人として | Comments(2)

今昔物語

久々に のすけ@漢字ネタ です。



昨日の宿題

「今(こん)」という字を使って 言葉をつくりましょう。





のすけサンの回答

「今ふれく」






なにこれ?






コーンフレーク だそうです。






コーンは トウモロコシ だろがっ。





と言いたいのをぐっと堪えて、

「ママ、子供のころ好きだったんだ~」と言うと






「ええ? そんなむかしにも あったの?」






噴火。
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-05-18 00:52 | 母として | Comments(5)

脱力3連発

1・ エレベーターの貼り紙に 手書きで誰かのツッコミ


  「○○点検 午後10:00~」
           ↑
        夜ですか?


2・ 児童館での読み聞かせ
   昨日は室井滋が乗り移ったかのように上手くできた♪

  「まま!よみきかせのひとみたい 」って・・・。


3・ マッサージ院で隣のベッドのおばちゃんが
  
   「センセ!そこ!そこの【つくね】が凝ってんの!」

   先生は冷静に 「おいしそうですねぇ・・・」
   



はぁぁ~。
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-05-16 18:11 | 母として | Comments(10)

不器用ですから

PTA総会が終わってホッとする間もなく
運動会の準備に追われております。
参加賞のゴム印押しとかラッピング作業とか まぁ、いろいろ。

不審者と保護者を区別するために着用するブルーリボン。

(児童数600+教職員)×家族分= ひえぇ
f0089225_944597.jpg

1・ロールリボンを13cmずつカット。
2・逆V字型に折る。
3・安全ピンを刺す。
4・家族分ずつ封筒に入れる。
5・クラス毎の人数に分ける。
6・各担任の先生方に配布依頼。

週末は1~4までの行程を家で内職しておりました。

1 ピンキングばさみでギザギザに切るのですが
我が家にあるのは「工作用」切れ味が悪いこと…。

力を入れすぎて ついに空中分解しちゃいました!

誰かに借りようと聞いてみたけどみんな「持ってない」。
仕方ない。買うか!

と 町に出てみたものの「売ってない」
ホームセンターにも洋裁屋さんにも「置いてない」

今からユザワヤに行く時間もないし
どうしよう…

母の日なのに なんでこんなことで走りまわってるのかしら
と段々腹が立ってきたところに 思いついたのが「町会」

革製品を加工するご近所の町工場へ。
夜遅くピンポーン♪と突然やってきて刃物を貸せという私。
こういう人こそ不審者です。

「あるわよ」

と快く貸してくれた プロ用ピンキングばさみの
使いやすいこと!!!
日頃のご近所づきあいは大切ダー!


ビバ!町会。
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-05-15 09:44 | 母として | Comments(4)

やらずにはいられない

この写真を見て「!」ピンときた人。 そう、「あれ」です。
原作を読んだ時点で ちょっとやってみたくなりませんでしたか?

f0089225_954452.jpg


このあと、変なふうにへばりついちゃって 耳の裏からはがすの大変でした。
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-05-14 09:54 | 母として | Comments(0)

噛む噛むえぶりばで

今までの人生で めちゃめちゃ緊張したのって どんなとき?

私は、

第一位 高校の部活の予算折衝
(私の技量で来年度の予算が決まってしまうプレッシャー! 各部大バトルなのです)

第二位 自分の結婚式
(レストランで親族のみ なるべく地味にしたつもりでしたが 緊張しました)

第三位 高校の部活 団体競技の試合
(個人競技と違ってミスしたら仲間に迷惑がかかるから)

です。

ちなみに 受験や就職の面接 偉い人に会う そういうことでは あまり緊張しません。



今日は久しぶりに とっても緊張しました。
PTA総会です。

本部役員になった ご挨拶だけでなく 会計として 今年度の予算を発表するのです。
数字や機械に疎い私が よりによって会計ですよ(泣)

去年の総会では 重箱の隅をつつくような質問が続出して大変だったよぉ~と 
先輩方から さんざん脅されていたので 身を堅くして 戦闘態勢で臨んだのですが
「さささんびゃく せんまん」←いくらだよ?(緊張のあまり 噛む噛む)
あっさり拍手で終了。



とっても拍子抜け。



今日のために費やした膨大な労力と時間って一体・・・。



ま、いっか。 無事に終わって何より。



次は運動会です。
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-05-12 19:22 | 人として | Comments(2)

週末どこ行く?

先日、MPの話を公演前に日記に書いたら 
「教えてくれてありがとう!」
「お陰で観に行くことができました。」
「また楽しい情報があったら ぜひHPで教えてください。」
と数名の方から感謝されたので調子に乗って書いています。(笑)

★週末イベント情報 その2★

5/13(土) 世田谷区上野毛にて
【セントメリーズ・インターナショナルスクール・カーニバル】(要は学校の文化祭です)
http://www.globaldaigaku.com/global/ja/schoolsearch/detail/49/index.html

知り合いのお子さんが在学中なので、我が家は毎年 楽しみにしています。
世界中の料理を食べまくるのもよし、
コンサートを堪能するのもよし、
買い物するのもよし。
目の保養もアリ!?
1日で世界旅行した気分になれますよ。(絵本や教材もたーっくさんあります♪)


★週末イベント情報 その3★

5/28(日) 丸の内オアゾ丸善にて
【ステラちゃんのキッズイベント&セミナー】
http://www.stellar-edu.com/

こちらもオススメ! 思わず体が動いてしまう楽しい♪メロディにのせて
歌ったり、踊ったり、笑ったり、工作したり。親子で楽しい休日の思い出作り!
帰りは丸の内の最新スポットで お食事してみたいな~。
(こっそり情報:オアゾの屋上庭園は「穴場」です。)

みなさま、楽しい週末のために、平日はしっかり充電しましょう!
(あれぇ?)
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-05-11 12:51 | 母として | Comments(0)

たまご

今日は 英語OKなH小学校の読み聞かせ。 相棒は「たまご」のお話を読みました。
私ははじめ、「みっつのねがいごと」にしようと思っていたけど、
せっかく英語OKなのだからと「Opposites」を読みました。
どんなに忙しくても 朝の読み聞かせは 自分が癒されるので好き。

そうそう たまご。

田舎から、よく産みたて「たまご」をもらいます。
それは、大きな箱にテキトーに山積みにされて 大きさもバラバラ。

今まで なんの疑問も持たずにいたけど
田植えのときにもらってきた卵の大きさがあまりに まちまちなので

「これって何羽の鶏から生まれたの?」と聞いたら

たまごって同じ鶏から生まれてきても 大きさがバラバラなんですね。
Lサイズ、Mサイズ、Sサイズ ってのは人間が選別するからなんだ~。

「そりゃそうだろうよ。 人間の赤ちゃんだって大きい子もいれば未熟児もいるだろ?」
とのすけ父。

確かにそうだけど

なんとなく

L鶏
M鶏
S鶏

とか、鶏にも担当があるのかと 思ってた・・・かも。 汗。

思い込みってこわい。
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-05-10 10:35 | 嫁として | Comments(2)

運がいい!

旗振り当番が無事終わりました。
連休を挟んでいたので忘れそうでヒヤヒヤしました。

前半は、のすけ父にやってもらいました。
こんなチャンスめったにないもの。
私はパパの旗振り姿を ベランダからビデオ撮影。(物好き)

帰って来た のすけ父 お怒りモード。
「子どもたちが全然挨拶しない!頭きた。」って怒っています。

普段、私がそんな話をしても「ふ~ん」って聞き流しているくせに。
実体験して 危機感を抱いたみたい。

「じゃあ、明日は胴着きて 竹刀もってけばー?」なんて笑う私。
(それって「銃刀法違反」になるんですってね)

で翌日。 

無口の小学生集団に向かって「挨拶しろぉ!」って大声で怒鳴ったそうな。
びびった低学年は蚊の鳴くような声で 一応挨拶したけど
高学年には無視された!とますます怒っていました。


そして今朝は私。


登校班の通り道。いい位置に巨大な「犬の落し物」が!
こいつぁ 朝からウンがいい。

「ホラ、う○ち! 気をつけて!」と登校班に注意を促すと、ぎょっとして飛びのく子どもたち。

「あぶなかったねぇ~。 あはは。 いってらっしゃーい!」と手を振ると

高学年だって、ニヤニヤしながら手を振ってくれました。
つられて、みんなニタニタ笑っています。


心の扉の鍵は内側にしかない。


そんな葉書が私の好きなお店に貼ってありますが
扉を閉ざしがちな子供の心が自然に開くような 大人になりたい。

なーんて カッコいい事言ってみたりして。
連休明け、今週もがんばろー!!
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-05-08 08:51 | 人として | Comments(7)

オカンとオトンとちんのすけ

去年のGWは、祖母も元気で、弟も帰省していて わいわい賑やかな実家でしたが
祖母が亡くなり、弟も私も仕事優先  たった一人の孫は のすけ父の実家で田植え・・・

せっかくお布団干して待っていてくれたのに 申し訳ないな と心を痛めていたら
急遽 東京まで来てくれることになりました。

f0089225_18133770.jpg


大したおもてなしも出来ませんでしたが、3人で手をつないで近所を散歩したり、
五月人形を囲んで記念撮影をしたり、ゴールデンウィークを穏やかに締めくくりました。

先週、ベルギー・オランダ旅行から帰って来た ジジババ二人。
本場のチョコレート工場を見学したそうで もちろん手土産はチョコレート。

昨日、MPの「チャーリーとチョコレート工場」を観て来たばかりのちんのすけは
もう大興奮で話を聞いていました。

「東京タワー」の話をしたら、読みたい!というので、まず 母に貸しました。
オカンの感想を聞くのが楽しみです。
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-05-07 18:13 | 人として | Comments(0)

東京タワー

富士山と東京タワーは子供の頃から大好き。

移動中、車窓からチラリと東京タワーが見えると嬉しくなります。
両方見える今のマンションはとっても気に入っています。

そんなタイトルの小説が2冊あって それぞれ面白そうで両方買ったものの
なかなかじっくり読む時間がなく、昨日リリーフランキーのほうを一気に読みました。

「泣ける」と評判の高い本に限って 構えて読むもんだから案外泣けなかったり
するのだけれど、これは もう号泣でした。

自分が 息子を持つ母親だから 尚更なのかな?

いや、

読みながら、娘になったり、妻になったり、じぶんがオカンになったり。

途中からはオカンが祖母にダブって、ずっと堪えてきた感情が爆発。
生まれて初めてというぐらい「吼えて泣きました」
お葬式でうまく泣けなかった分、上乗せで。

~人が母親から生まれる限り、この悲しみから逃れられることはできない。
人の命に終わりがある限り、この恐怖と向かい合わずにはおれないのだから~

著者は何年たっても寂しくてたまらないと言っています。
私も いつまでもめそめそしてても いいんだよね。
1人になると祖母を思い出してしまう自分
そんな時間も私には必要。

読んだ後、熱が出ました。

自分が恥をかくのはいいが、他人に恥をかかせてはならない。
私もこんな躾が出来るオカンになりたい。
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-05-05 11:41 | 妻として | Comments(4)

チャーリーとチョコレート工場

GWの恒例行事と言えば、我が家は田植え&MP鑑賞です。

MPとは

東京学生英語劇連盟。演劇を通じて英語を学ぶという理念に基づいて設立された
Model Productionの略。今年で40周年を迎えるそうです。第一期生の奈良橋陽子さんを
はじめ中村雅俊、今井雅之、藤田朋子、別所哲也 など 多くの俳優を生み出しています。

MP2006 の演目は「GOLDEN TICKETS」
(チャーリーとチョコレート工場 のミュージカル版)

真澄師匠が演出した去年は「Oliver!」おととしは「THE WIZ」(オズの魔法使い)
どちらも、感動的な舞台で 公演終了後も しばらく余韻に浸っていました。
(色あせない感動は 現在進行形で、いまだに浸ってるかも)

今年は奈良橋陽子さんのお嬢さんが演出をされるそうで、
どんな風になるかなと思いつつ、先週、スタジオリハを観に行ってきました。
今年のディレクター リエナは、「Oh, Hi!」 初対面とは思えない程フレンドリー。

外は冷たい雨でしたが、若いエネルギーが充満したスタジオの中はサウナみたい。
期間中は全て会話は英語! のお約束通り、ちゃんと英語で会話している学生さん達。
邪魔にならないように ちょっとだけ。 すぐに退散しようと思っていたのに
もう目が離せず結局 その日の最後まで席を立てませんでした。

稽古だけで 泣いた泣いた。 タオル途中で買ってきてよかった。
Any comment? と感想を求められ、(あ、そうだった)と冷や汗。
去年と同様泣きながら支離滅裂な英語をベラベラと喋りました。

私の次にスピーチしたのは 奈良橋陽子さん。なんと恐れ多いこと。
稽古中にドアが開き その ただならぬオーラに圧倒されました。
でも ニコニコ気さくな方でした。

BGMは生演奏。 曲はオリジナル。 質の高いキャスト・スタッフ。
今年は100人分の衣装を作るんです。と衣装スタッフも張り切っていました。
MPの若者を観ている限り、日本の将来も安泰だ!と自信が持てます。
一年分の元気をもらえるMP。今年2006も見逃せません。

ゴールデンウィークの締め にいかがですか?
今からでも間に合います。

詳しくはコチラ↓
http://www.geocities.jp/mp2006jp/
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-05-02 06:58 | 人として | Comments(0)

本日発売♪

ステラちゃんの紙芝居シリーズで お馴染みの「ステラエデュケーション」から 
待望の英語の歌のCDが、発売になりました♪

                A Stellar World~この地球(ほし)のともだち~
f0089225_2361455.jpg


児童英語講師なら、「あの曲一曲が欲しいためにアルバムを買ってしまった・・・」
なんて経験、1度や2度は あるのでは?

お母様なら、「英語に親しめるようにCD買ってみたけど 全然聴いてくれない・・・」
こんな経験ありませんか?

A Stellar World は 初めから終わりまで お子さんがノリノリで楽しんで頂けるよう
工夫を凝らしました。 バラエティに富んだ曲調、リズム、でバランスよく構成されています。
曲と曲のあいだに、シンプルでナチュラルな 会話が収録されており 
自然に英語耳が鍛えられます。

聴いた後「ママの子に うまれてきてくれて ありがとう」と思わず我が子を抱きしめて
ほっぺにチュ!したくなるような メッセージソングも収録されています。

どの曲も イベントやレッスンで すぐにお使いいただけるよう セミナーも予定しております。
(5月28日に丸の内オアゾ丸善にて キッズイベント&講師向けセミナーがあります)
詳しくは こちらへ↓
http://www.stellar-edu.com/

はい。 わたくし、正真正銘の回し者です。今回のCD制作に、かかわりました。
「ものづくり」の楽しさ、いいものをつくるためには どれだけスタッフの情熱が
惜しみなく注がれているか 実感し、とても良い経験をさせて頂きました。

ぜひ みなさまに聴いていただきたい逸品です。
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-05-01 23:01 | 人として | Comments(4)

ことわざ英語カルタ大会

Uraraさん主催 「第一回ことわざ英語カルタ大会」に母子で出場してきました。
http://plaza.rakuten.co.jp/urara0115/diary/200605010000/

「ことわざ英語カルタ」
http://www.wonderrabbitclub.com/chirashi.html

数年前に購入したものの、年少さんの ちんのすけには まだ早かったのと 
使い方が分からなかったので宝の持ち腐れ状態でした。

最近、日本の諺に興味を示すようになったので グッドタイミング!とエントリー。
CDを聴いてはいたものの、カルタを使ってまともに練習したのは たったの2回。
ま、いっか。と東久留米まで遠足気分で出掛けました。

会場は老若男女で熱気むんむん。TVカメラも入り、新聞記者もいたりして。
なんと 作者の匂坂桂子先生もいらっしゃいます。 わー緊張~。

開会式、ルール説明のあと 3チームに分かれて予選。
読み手もジャッジも真剣です。TVカメラもギャラリーもいます。

「並べてから一分後に開始します。(シーン) ・・・・5秒前 4 3 2 1」

私も英語講師の名にかけて、予選はヘラヘラしながらも2位で通過。
決勝では本気出したけど3位でした。(2位が二人いたので 事実上は4位ですが)
いやぁ、現役の学生には かないません。

入賞者には豪華商品の数々、のすけも最年少ということで特別賞をいただき、
参加賞も 手作りクッキーや陶器のカップやらメモ帳やらあれこれ頂いて
授賞式後のティーパーティではさんざん飲んだり食べたりして
お土産抱えてホクホクで帰宅しました。
楽しかった~。

素晴らしい会をテキパキ取り仕切るUraraさん、素敵でした。
Uraraさんを取り囲む生徒さん(スタッフの皆さま)方も見事な連携プレーでした。
あたたかく迎え入れて下さり 本当にありがとうございました。

ことわざは一生役に立つから やっておいて損はないと思います。
日本語でも英語でもスラスラっと出てきたらかっこいいよね。
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-05-01 22:41 | 人として | Comments(0)

油断大敵

珍しくおしゃれしているときは、誰にも会わないのに
思いっきり油断している日に限って 色々な人に会ってしまいます。
家から駅までの 10分の間に、会うこと会うこと。

1・サークルで体験レッスンに来て下さった母子連れ 3組。

「ぎゃ!こんなんで すいません。」←なぜか謝る私。

「あ、ちょうどよかった、やっぱり入会することにします。」

「わわ!ありがとうございます。 こんな格好ですみません。」

(((笑)))←否定しない・・・(T T)



2・ホッとする間もなく 子供の声。

コドモ「あっ!読み聞かせの・・・」

私「読み聞かせの・・・?」 その先は何だ?オバサンって言ったらぶっとばす!

コドモ「・・・・ひと・・・だ・・・。」

私「どうもね~」(汗)




3・今度はすぐ耳元で「○○さん!」と叫ばれて飛び上がる私。

声の主は元の職場の人たちです。

私「こんにちはー」(汗)

Y「あらぁ。お昼寄ってきなよ。みんないるからー。」

と言うことで、 ランチは元の職場で食べることに。



他にも あの人と あの人と あの人・・・。あああ。

読み聞かせやPTAやサークルのお陰で 顔見知りが爆発的に増えました。
あんまり 変なカッコで 街歩けないな。

私「やーん。 今日はすっぴんなの~。」

相手「え? 全然気づかなかった! いつもと変わらないよ。」

これって、どうなの?
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-04-27 22:46 | 人として | Comments(7)

こどものプロとして

親子英語サークル 二回目。

近所に掲示していただいた たった1枚のチラシを見て、問い合わせを下さった方や
口コミで 噂を聞いたという方を含め、合計11組 参加してくれました。 

なんと! アポなしで講師見学の方が いきなりいらっしゃいました。(汗)
そして体験母子の中には外国人が!(大汗)
予約のとき、変わった名前だなぁと思った(その時点で気づけよ~>自分)

4月なので 遅ればせながらのイースターレッスン。
前の日の夜に、アイディアの神様が降りてきて(!)大幅に内容変更したもの。

f0089225_12324844.jpg


リアクションのすごくいい子がいて、嬉しくて張り切ってしまいました。
外国人のお子さんも、めでたくご入会。これで7組。
来月の体験希望も 既に5組。 曜日を変えれば、行けます!という方も。

地区センターの管理人のおじさんも「いっぱい来てたじゃない。よかったねぇ」と
我が事のように喜んで下さり 感謝・感謝。

「楽しかったぁ~」の感想を励みに、これからも頑張ります。


昨日から、いよいよ学校もスタートしました。

チャイルドマインディング と アートセラピーの勉強をします。
(チャイルドマインダーは英国の国家資格です。少人数専用 保育士のようなもの)

クラスメイトは志の高い方ばかり。 自己紹介を聞いているだけで刺激を受けました。
「子供がいます」と言ったら 驚かれました。 どうやら私が最年長のようです。

子供だけでなく、その子の「親を理解する」ところから始まります。
セルフマインディング=自分の感情をコントロールすること も学びます。
「生まれながらに悪い子なんていない。 集団生活で決め付けられてしまう。」
怒らない、舌打ちしない。1人の人間として尊重する。どんな親も子も受け止める。

初回の講義を聞いているだけで、涙が出そうになりました。

保育実習もあります。 実習先は自分で開拓します。
営業や経営のスキルも学びます。
外あそび、家あそび、バランスよく学びます。
救急救護もちろんあります。

実習先、どこにしようか 楽しみです。
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-04-26 12:32 | 人として | Comments(2)

いかないで~

「学校行きたくない」と毎朝ぐずるので困っている という相談がありました。
朝、登校班の子どもたちを見ても、どよんとしている子がなんと多いこと。

早く~しなさい!
ほらほら!

せき立てられるように家から追い出されるのでしょう。
行ってらっしゃい と 笑顔でバイバイしていますか?


子供に聞こえる所で(電話などでも)
担任の先生の悪口を言っていませんか?
お友達や学校の批判をしていませんか?

それから

こんなんじゃ、学校入れないよ!
○年生になれないよ!

こんな脅迫めいたこと 言ったことないですか?


うちは

「ああ、ガッコいいなぁ。 うらやましいなぁ。 ○○先生大好き~」
「給食いいなぁ。楽しそうだなぁ。代わりに行きたいなぁ」学校を絶賛したあと

「ねね、たまにはさ、学校さぼっちゃえば?」と囁きます。

「そうはいかないよ」とキッパリ私を振り切って出掛けるちんのすけ。

「いかないでぇ~」とすがりつくと
しょうがないなぁと 言いながら 私を振りほどいて ニヤニヤしながら行きます。


入学してから 「行きたくない」と行った事は一度もありません。


(いまのところはね)
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-04-25 09:07 | 母として | Comments(6)

ショーグン

玄関の(自己満足ディスプレイ) コーナーを
「イースターバージョン」から「五月人形バージョン」に変えました。

そして、五月人形を飾りたい!という ちんのすけに 今年は全部任せてみました。
押入れの天袋から 大きな段ボール5箱 下ろしたあとは 「自分ひとりでやってごらん」

土台の組み立て、細かい飾りの組み立て、どれも取り扱い注意&かなり複雑です。
取り扱い説明書には
 太字で 決してお子様には触れさせないで下さい と明記してあります。

子供を全く信用していない こういう但し書きは 私はあまり好きではありません。

我が家では 赤ちゃんの頃から、ちゃんと言い聞かせて 好きなように触らせました。
だって その子の五月人形ですよ。 
2才頃から、組み立ても手伝ってもらうようにしました。
内心ハラハラでしたが、自分で組み立てた 自分のもの となると大切にします。
五月人形を飾っている間は、家の中で激しい遊びを自粛しています。
ほこりを払ったりも 自らすすんで 丁寧にやっています。

f0089225_8453578.jpg


今年は 鎧兜(よろいかぶと)のツノ?を見ながら 
「ムシキングはカブト虫。 キング=王様。 だから将軍には兜なのか!」と
1人で納得していました。 あれ、兜とカブト どっちが先なんだろう?

説明書の下のほうには
「毎年飾るのは面倒くさいですが、毎年飾れば願いも叶うでしょう」
テキトーなことが書いてありました。(笑)

願いが叶うといいね。
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-04-24 08:45 | 母として | Comments(2)

The 肉体 デー

去年の夏、お友達と観に行って、すっかり魅了された『マッスルミュージカル』。
http://www.musclemusical.com/index.html
次回はぜひ家族にも見せたい!と 土曜日の公演初日に 家族揃って横浜へ。

f0089225_22314147.jpg


去年の夏公演は、サーカスさながらの「これでもか、これでもか」のパフォーマンスの連続。
今回は、肉体パフォーマンスに加えて、ストーリー性があって、コント仕立て。
ドリフ、ひょうきん族世代の私達には たまらない世界です。

リピーターが多いのか、幕が上がる瞬間から 初日とは思えない盛り上がりっぷり。
観客参加型のプログラムも多く、芸達者なお客さんに会場は爆笑の渦。
人間って鍛えれば あんなことも こんなことも できるのか!

山下公園そばでランチの後はこちらへ↓「人体の不思議展」
http://www.jintai.co.jp/shousai.html

ネットで知り合って仲良くさせていただいている「ゆうさん」からチケットを頂きました。
(チケットには 手作りのガトーショコラが同封!されていました。)
http://blog.goo.ne.jp/yura1112/←ゆうさんのブログはコチラ

「人体の不思議展」には 以前から 噂を耳にしており、興味がありました。
今回 チケットを頂くチャンスがあったので「ちょうど横浜に行くし」と思い切って決行。
「人間の体のしくみ」について興味が出てきた ちんのすけにとってタイムリーでした。

お金を払って 死体を観に行く人 なんて あんまりいないだろうなぁと思ったら
会場には 驚くほど沢山の人たちがいました。それも老若男女問わず。

怖いもの見たさで 実は恐る恐る入場した私達でしたが、
「最新の科学技術の素晴らしさ」と「人体の不思議」に魅了されてしまいました。
ちんのすけは、細かく切断された肉体を夢中になって観察しています。

全身の毛細血管をそっくり取り出すなんて 根気のいる作業だったことでしょう。
食道から肛門まで繋がった状態で消化器だけ収まっているガラスケース。
胎児って4ヶ月ごろから目鼻口がしっかり出来上がっているんだ!
生命の神秘に 神聖な感動を覚えました。

会場にいる人みんながそうだったようで、脳みその重さを体感するコーナーでは
誰もが真剣に脳を手に取り、 躊躇せず、検体(遺体)に手を触れていました。

お土産コーナーで、グリーティングカードを買う気にはなれませんでしたが
(だって、死体の写真カードもらっても困っちゃうもんね、きっと)
機会があれば、もう一回観たい展示会です。

頭抱えたポーズの肉体とか 跳躍している 肉体を見て
「こんな格好のまま 死んだんだ・・・」と驚いている若いおねいさんには
こっちが驚きました。 説明書きちゃんと読めよー!
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-04-23 23:23 | 妻として | Comments(4)

祝・銅賞!

f0089225_1753281.jpg


昨年末に、母と私とのすけの3人でお泊りした鎌倉プリンスホテル。

一句詠んで みませんか?

と応募用紙がお部屋にあったので面白がって 私達3人とも 
なんとか それぞれ一句 ひねり出し、チェックアウト時に提出しました。

俳句教室に通う母は さすが な一句を詠み 私は まぁ普通の。
二人とも もちろん宿泊券狙い(下心もりもり)。

そんなことは すっかり忘れていたら
今日ちょっと厚めの封筒がポストに届いていました。

宛名は ちんのすけ殿。 

開けてみると 商品と共に「見事 銅賞 入賞おめでとうございます!」と
お手紙が入っていました。

商品は 海の色の鎌倉オリジナル タオルハンカチ。

金賞(宿泊券)でも銀賞(レストランお食事券)でもなかったけれど
俳句教室に行っている母に勝った!というのが何よりも嬉しかったみたい。

受賞作品が 掲載されている手紙も同封されていました。

銅賞 【ゆうひみて きれいだったね ふゆやすみ】

確かに のすけの詠んだ句です。

英語も大事だけど 美しい日本語の響き、日本人ならではの文化も 
ちゃんと継承してほしいと願う 欲張りな私です。
 
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-04-21 17:53 | 母として | Comments(2)

KINTAMA

f0089225_15564183.jpg


昨年から レッスンにBBカードを導入していたので、今年のイースターは
絶対に金の卵を使う!と心に決めておりました。(変なこだわり)

皆が大好きなBBカードのフレーズに

Gray Goose got some golden eggs very quickly.
(グレイグースさんは すばやく 金の卵を手に入れました)

という一文があるのです。

あれこれアクティビティ後、お待ちかねのエッグハントタイム!

「Let's find your golden egg!」と言うと



えっ? (いま なんて?)て顔をしたので 思わず




「Golden egg=きんたま だよ!」 と言うと 皆大喜び。




大興奮で家中探しまくりました。




そして中には おみくじが。
天然石のラッキーストーンが入っています。お守りね。




我が家に I found Kintama! というフレーズがこだましました。




あああ。
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-04-20 15:56 | 人として | Comments(2)

読み聞かせデビュー その3

念願の「我が子のK小学校で 読み聞かせ」でした。
去年は仕事と重なっていて 参加できませんでしたが 一年遅れのデビューです。

私がやると聞いたママ数名からは「(当然)英語やるんでしょ?」と言われ
担任の先生にお伺いを立てたところ「子どもたちが喜ぶのなら僕は構わない」 と許可も得て

よぉし!と張り切って準備をしておりました。





直前になって別方面から NG。


理由はいろいろ。

「まだ 早い」 (一体 いつならいいの?)
「いろんな人がいるから」(H小学校は寛大なのに~)


そんな訳で 急遽 和書に変更。


今までの経験上、ざわざわ、ゲラゲラ 大騒ぎの教室 を想定していたのに
ガラっと戸を開けると、きちんと机を後ろに移動させて 広いスペースに整然と
体育座りをして 静かに待っている子供達にびっくり!



ひええ。



一気に緊張してしまいました。



英語ならテンションをガラッと切り替えることが出来るのに
日本語だと いまいち いつもの調子が出ず カミカミ。 汗。

物音ひとつせず、シーンと静まり返ったお教室に私の声だけが響きます。
心配そうな のすけの顔が目に入り、ますます緊張する私。

救いは 英語の生徒の1人がニコニコ笑顔で見守っていてくれたこと。

まぁ なんとか 終わり、手遊びで締めて 終了。
全員最敬礼「ありがとうございましたー!」に見送られ退散。

読み聞かせ もいろいろだなぁ。
日々勉強です。
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-04-20 15:31 | 母として | Comments(2)

魔法のレッスン

さかのぼって日記を書いております。

火曜日、某保育園の英語指導にお邪魔しました。
一年越しの願いが やっと叶いました。

まだ背中に羽が生えているような0~2歳児さん達。 
本当にかわいい。

45分間じっと座ったまま 飽きることなく集中していました。
保育園ですから、当然ママなしです。

T先生は音源もパペットも使いません。
座ったまま、肉声で歌い、語ります。
大きな身振りも踊りもなし。
実に穏やかな進行です。

なのに

バラケる気配もない。まるで魔法です。
T先生のオーラに乳幼児が癒されています。
これは、きっと他の誰にも真似できないでしょう。

レッスン後、 イクスピアリまでドライブ。
話の尽きないランチタイム。
英語のこと、子育てのこと、妻として、etc.
彼女が子供3人を抱えながら、PTA会長まで経験されていたと伺い、納得。
これからの本部役員を頑張る勇気が湧いてきました。


英語サークルも頑張るぞ!
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-04-20 15:02 | 人として | Comments(2)

人は見た目?

都内某所で写真を撮影しました。

レフ板というのを使って撮っていただいたのは初めてでしたが
その仕上がりの違いにびっくり!

自分が見ても まるで別人のようです。

おととし、J-Shine (小学校英語指導者資格証明書)用の写真を撮ったときは
気合を入れて、なまじエステなんかに行ったりしたために

これまた 変に気合の入ったエステテシャンの方が
「あなた!眉でオンナが上がるんだから、ちゃんと手入れしないとだめよ」と
ご親切に剃り落としてくれて(←結婚式に続いて二度目の経験です。)


マロ どころか 吉原炎上!


とてもカタギとは思えない ドスの効いた顔 になってしまい 大後悔。
これじゃ、怖くて絶対に仕事の依頼なんて来ません。


ああ、この写真と差し替えたい。
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-04-20 14:39 | 女性として | Comments(2)

商品券が3000円あったら・・・

だいぶ前に 実家から回ってきた高島屋の商品券。(中途半端な金額)
気がつくと現金でお買い物していたりして、使いそびれ
お財布の中に1年は眠っていました。

今日こそ使うぞ! と 「商品券を使うため」にデパートへ。

欲しい物はいっぱいあるけど、せっかくの商品券だから ちょっと違った物を買いたいな。
なんて考え始めたら 何を買っていいのか分からなくなっちゃって。

エスカレーターとエレベーターで上の階から下の階へ ぐるぐる行ったり来たり。









結局 デパ地下(笑)





いつも買わないような高級食材! と鼻息荒く、特選和牛とか高級海鮮コーナーへ。





・・・足りない。





うぅ。





結局、「アンリシャルパンティエ」のケーキをホールで買いました。
(4月限定の)という殺し文句で決定!

「お誕生日でしょうか?」と聞かれ「いいえ。」

「【普段のおやつ】にいただきますので包装は結構ですのよ、おーっほっほっほ!」

とは言わなかったけど

高級ケーキを しかもホールで なんでもない日に買うのは快感だー!
(って また甘いもの買ってしまいました・・・。)

商品券3000円・・・あなたなら何を買いますか?
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-04-17 15:56 | 女性として | Comments(12)

憧れの…

             子どもの頃、すごーく欲しかった「トランシーバー」

f0089225_18115996.jpg


のすけが通信教育のシールを集めて 選びました。
ちゃっちいけど 私も嬉しい。 携帯電話全盛の今でも わくわくするね♪

学生時代、これ持って スキーに行きたかったなぁ。
(思いっきり 映画の影響を受けています)

※「私をスキーに・・・」って説明しても「なんですか、それ?」って言うのよ、今の20代はっ!
まったくもぅ。





さて、ちんのすけ。






早速、「もしもーし!?」ってアンテナを耳の穴に突き刺しています。
(注:本人は真剣です)





あの~ それじゃ、きこえませんから・・・。







使い方を説明して、狭い家で探偵ゴッコ。







地声が大きすぎて、トランシーバー不要ですから・・・







今日は 八重桜並木のさくらまつり。 お外で試そうね!
(ちょっと恥ずかしいけど)
[PR]
# by ShinobuYuhara | 2006-04-15 18:11 | 母として | Comments(4)