田舎のバカ息子?

f0089225_5424286.jpg


連休最終日 お彼岸帰省しました。    

義母の栗ごはんを食べに。じゃなくて それぞれの実家にお線香をあげに。
今年も拾いたての栗で1升半の栗ご飯を炊きました。

f0089225_632240.jpg

コツを教わったので記録のために書いておきます。

------------------------------------

●栗のゆでかた

・みょうばんを入れると鮮やかな黄色が持続する。
•湯の中に2~3時間つけておくと、鬼皮が柔らかくなってむきやすい。
•調理法によっては、少し固めにゆでてからむくとむきやすい。
•軽くゆでてから、いったん冷凍する。それを少し解凍したところでむく
と渋皮もきれいに取れる。
•新しい栗は熱湯に約10分間つけてから、鬼皮、渋皮を一緒にむく。


●栗の保存方法

•約2リットルの水を75度~80度まで温め、
それ以上湯の温度が上がらない状態で(あまりさがってもいけない)

栗を1キログラム入れ、1分間浸してすぐ引き上げ、
しばらく陰干ししてから表面が 乾燥しないように砂、
またはおがくず(外材のものはだめ)あるいはナイロン袋に
少し穴を開けたものに入れて保存する。

ナイロン袋のものは冷蔵庫に入れておくとなおよい。

•鬼皮だけむいて、ゆで栗の半分くらいの仕上がりにゆで、
冷凍しておく。
あとは要るだけ出して使う。

•皮付きのまま食べられる状態までゆでて、冷凍しておく。
取り出して4~5分して2つ切りにしてギュッと押すと
実がコロッととれる。

料理に使ったり、そのまま食べておいしい。

-------------------------------

新米の発送作業も手伝いましたよ。
トータル 240キロ分 宛名書きしました。

持ち上げたりするのは男子の役目。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2010-09-21 05:42 | 母として | Comments(0)
<< 一日だけ幸せでいたければ ZED >>