人気ブログランキング |

おぬし 只者ではないな?


ちょっと前の話。

フランさんと浩子さんのおはなし会@葛飾のとき
会場の隅で著書を手にとって見られるコーナーがありました。

持っている本、欲しかった本、知らなかった本 
いろいろ置いてあって大人も子供も「わぁ♪」と大喜び。

その様子を ニコニコ静かに見守るメガネの若い男性がひとり。



「えーと、これってどんなお話だっけ・・・」


私のつぶやきに反応した彼は「ちょっとやってみましょかー?」

と 突然読み聞かせをはじめました。


「むかしむかしぃ、あるところにぃ 」

こなれた関西弁の語り口に すっかり惹き込まれてしまいました。
気が付くと後ろには ギャラリーが集まってきていて拍手喝采。

「これも読んでー」「あれも見せて!」
 と 子供達のリクエストに軽快に応じていきます。
そして 「ママ、これ買ってー!」「ええ、いいわよ♪」
その本が うそみたいに飛ぶように売れてゆきます。



上手すぎる・・・。イチ販売員にしては上手すぎます・・・。



 (おぬし 只者ではないな・・・)



「良かったら、お名刺いただけますかっ?」と

詰め寄る私にびびりつつ 彼が そっと出した名刺には

「一声社 代表取締役 ○○ ○○」



しゃ、社長!?



「まぁ、一応・・・」って・・・。

やはり 只者ではありませんでした。
すっかり 彼の語りのファンになりました。

肩の力が抜けていて 本当に愉快な気分にさせてくれます。
まるで「まんが日本昔話」みたいです。
これ、皆に聞いてほしいなぁ。

「いつか 語りのワークショップやってくださいっ!」 
と熱くお願いしてきました。

「そ そんな 無理ですわ~。趣味でやってる素人ですから。」
な~んて しゅるしゅると小さくなっていらっしゃいましたが
もったいない!

一声社のHPはこちら↓
http://www.isseisha.net/index.html
by ShinobuYuhara | 2007-11-05 17:58 | 人として
<< 籾摺り体験@サークル まいごはだあれ? >>