われこそは!


英語DEドラマ 2008 高学年クラス 今年の演目は「The Wiz」

小さい頃から「やらない」の一点張りだった のすけさんが
去年 初めて「Tarzan」に勇気を振り絞って参加して 

幅広い年齢の子供達とたった二日間(賞味数時間)で
英語劇を仕上げる醍醐味を味わって以来
 
冬は「夢ひかり」単発レッスンにも参加!
(親ナシで新幹線に乗り、魚沼まで行っちゃいました)
 
そして 今年の「The Wiz」は やる気マンマンでエントリー。

そのくせ CDは聴かない スクリプトは前日までまっさら!
初日は「マスミはツノが6本ぐらい生えてた~」と笑うだけで
帰ったらさっさと寝て CDはやっぱり聴かない。

(大丈夫かぁ?)

翌日は 電車の中でようやくスクリプトをめくってみたりして。
それも途中で飽きて爆睡。
(しかも集合時間が変更になったのを聞いてなくて遅刻するし)


で 本番。


新しい仲間達と とっても楽しそうに演じておりました。
台本にとらわれず 相手を見て 自分で判断して 動くこと。
毎週 毎週 叩き込まれていたものが実を結んだって感じでした。

CDは 去年の夏 さんざん私が聴いていたので頭に入っていたみたい。
同じ木曜クラスのMちゃんも そうだったようで 
いつのまにか覚えてるんだねぇ。と 感心しきりでした。

やいのやいの 追いたてなくてよかった・・・。


今回の新宿は 母達の待ち時間が また楽しかったです。
ちょっとした「オフ会」状態で それはモゥ大騒ぎ。

あれや これや いろ~んな話をしました。

「オーラ」の話から 「誰が一番 普通か?」という話で盛り上がり
誰かが「我こそは!」とばかりに「私が一番普通だと思う!」と言うと
「いやいやいやいや」「ヘンだから!」と一斉にツッコミ。
「皆 自分が一番 まともだと思っている」ことが判明しました。

オランさん には ハンドパワーで癒してもらいました。
その気になりやすい私には すっごく効きました。
オランさん、本当にありがとう~!


二日間ご一緒できた皆様 楽しかったです。ありがとうございました。
[PR]
by ShinobuYuhara | 2008-07-25 23:32 | 人として | Comments(0)
<< 流しそうめん 2008 自由研究!? >>